『食品新聞』より

アサヒ飲料とキリンビバが協業拡大 非競争分野の自販機修理業務で

2020.11.26
ビジネス・キャリア
(画像=食品新聞より引用)
(画像=食品新聞より引用)
アサヒ飲料販売が管理する自販機を修理するキリンメンテナンス・サービスの従業員
(画像=食品新聞より引用)

アサヒ飲料とキリンビバレッジは、両社の子会社で、非競争分野である自動販売機(自販機)修理業務の協業エリアを拡大する。

アサヒ飲料の子会社で自販機事業を担うアサヒ飲料販売は18年9月から、同社が管理する自販機の現地修理業務をキリンビバレッジ子会社のキリンメンテナンス・サービスに業務委託している。

神奈川エリアでのテスト展開を皮切りに19年9月から東京都、千葉県、埼玉県、茨城県を加えて1都4県に対象エリアを拡大。このほど両社で協業による成果を確認できたことから、中部・近畿圏・九州の3エリアでも21年1月から協業を開始する。このうち九州エリアは九州アサヒ飲料販売が自販機事業を担う。

アサヒ飲料販売では、ルート担当者が担っていた現地メンテナンス作業を1人当たり月間2.4時間削減できたことを確認。これにより売り切れロスの低減、サービスレベルの向上といった効果があったという。

一方、キリンメンテナンス・サービスも、自販機メンテナンス作業件数が増加したことで移動時間が短縮され、従来に比べ移動時間を含む1件当たりの平均処理時間が約5%削減。1日当たりの作業件数は約10%増加したという。

提供元・食品新聞

【関連記事】
活性化するベーコン市場 パスタ人気が一役 料理利用で
「クノール」軸に下半期で勝負 提案力高めながら商品価値を提供 味の素執行役員 神谷歩氏
コーヒー飲料 PETボトルVSボトル缶 各ブランドで容器戦略の違い鮮明に
ビール類 夏行事激減で打撃も新ジャンル好調維持
納豆 底堅い“生活密着品” 健康&巣ごもりで再び浮上

  
NEXT 中国企業Q3決算まとめ(テンセント、アリババ、京東等)

READ MORE...