『SEVENTIE TWO』より

はるやまの2020年3月期の通期業績予想は35億円の最終赤字

2020.11.26
ビジネス・キャリア
(画像=SEVENTIE TWOより引用)
(画像=SEVENTIE TWOより引用)

はるやまホールディングスは11月20日、2020年3月期の通期連結業績予想を発表した。売上高は405億円(前年は505億8200万円)、営業利益は19億円の赤字(同3億7600万円)、当期純損益は35億円の赤字(同4億200万円)の減収減益になる見通し。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、売上高は前年比20%のマイナスとなり、さらに新型コロナにともなう店舗の減損損失を約20億円計上することから、35億円の最終赤字になる。

文・高村 学/提供元・SEVENTIE TWO

【関連記事】
紳士服チェーン3社の厳しい中間&本決算から見えてくること
セイコーウオッチが欧州初「グランドセイコーブティック」をヴァンドーム広場に出店
「ナイキ」がヴァージル・アブローの「オフ-ホワイト」と「ナイキプロ」でコラボ
LVMHグループのファンドが27億円を出資した台湾のドクターズコスメ「ドクター・ウー」が日本上陸
ルックHDがイタリア革製品ブランド「イル ビゾンテ」を109億円で買収

  
NEXT ANAが客室乗務員職の新卒採用中止を発表 CA志望の学生に本音を聞いた

READ MORE...