『フードリンクニュース』より

時短要請協力金、最大60万円に。12月の発令はヤバい。

2020.11.25
ビジネス・キャリア
(写真=フードリンクニュースより引用)
(写真=フードリンクニュースより引用)
 都道府県知事が時短営業要請を出した場合、従った店舗に協力金として政府が月最大60万円を給付すると発表した。内訳は国が8割、都道府県が2割を負担する。

 都道府県知事がエリアや業種を限った時短要請を出しやすくするのが目的。計算根拠は、1店舗最大で1日2万円、30日分まで。

 コロナ感染が拡大傾向にある中、飲食店の年末売上を配慮した高額協力金となりそうだ。12月の時短要請発令は死活問題となる。
 
フードリンクニュース
(写真=フードリンクニュースより引用)
提供元・フードリンクニュース

【関連記事】
餃子の王将、ファッションブランドとコラボ。女性に中国ブームじわじわ
スシロー、合弁で台湾茶カフェ「シェアティー」1号店をオープン。先行する「ゴンチャ」を追う。
モスバーガー、テイクアウト専門店を実験オープン。都心狭小立地向けモデル。
アークランド「東京たらこスパゲティ」が2号店。「五右衛門」が独占する和風スパゲティ市場に挑戦。
金沢チャンピオンカレー、コロナ禍の米国に海外初出店。テイクアウトノウハウで勝負。
  
NEXT 引用・参考文献・参考URLの正しい書き方:プレゼン資料の「参考文献リスト」作成時の注意点とは?

READ MORE...