『SEVENTIE TWO』より

小田急百貨店が中国向け越境ECを開始 WeChatミニプログラム「チェンガン」を通じて展開

2020.5.23
BUSINESS
(画像=SEVENTIE TWOより引用)
(画像=SEVENTIE TWOより引用)
小田急百貨店は、中国上海に拠点を置く「上海橙感信息科技有限公司(チェンガン)」が提供するWeChatミニプログラム「チェンガン(橙感)」を通じて、中国向け越境EC事業を2020年5月13日より開始する。開始から数カ月間は、本格稼働までのテストマーケティング期間として一定で商品を入れ替え動向を見定める。「チェンガン」を通してのローコストオペレーションと認知度向上による小田急百貨店へのインバウンド誘引が新たな収益源になりうると見越し、越境EC事業の参入へ至ったという。

文・片木美咲/提供元・SEVENTIE TWO

【関連記事】
紳士服チェーン3社の厳しい中間&本決算から見えてくること
セイコーウオッチが欧州初「グランドセイコーブティック」をヴァンドーム広場に出店
「ナイキ」がヴァージル・アブローの「オフ-ホワイト」と「ナイキプロ」でコラボ
LVMHグループのファンドが27億円を出資した台湾のドクターズコスメ「ドクター・ウー」が日本上陸
ルックHDがイタリア革製品ブランド「イル ビゾンテ」を109億円で買収
PREV 子を持つ親たちが当惑・反対する「9月入学案」 教員が賛成する理由とは
NEXT 「年収200万円時代」に突入しつつある日本

READ MORE...