気分に合わせて使える!色とりどりの「クーピー風カラー箸」が人気爆発中

2020.1.22
RELATIONSHIP
(画像=おたくま経済新聞)
(画像=おたくま経済新聞)
 株式会社ヘソプロダクションが展開する「へそ文-HESOBUN-」から、株式会社サクラクレパスの「クーピーペンシル」のカラーをイメージした12色の「クーピー風カラー箸-CHOPSTICKS12-」が2019年12月下旬から発売になり、ネットで人気となっています。これは確かにかわいい……!

 「サクラクレパス」と並んで、小学校のお道具箱の中に大体入っているのが、12色入りの「クーピーペンシル」。図工の絵を描く時間以外にも、休み時間に絵を描いていた人も多いかと思います。うっかり力を入れすぎると「ポキッ」となってしまうことも無きにしも……ですが、削りカスを指でこすって独特な色のぼかし具合を楽しんでいた子も多かったような。

 そんな小学生時代の定番文具である「サクラクレパス」のコラボシリーズは、どの商品も懐かしさも相まって大人気。サクラクレパスの本社が大阪にあることもあり、大阪土産としてもサクラクレパスのコラボシリーズは人気を集めています。

 今回は、同じく大阪に本社を置く「株式会社ヘソプロダクション」がサクラクレパスとコラボ。クーピーをお箸に見立てて「同じ色で一膳」の概念を取っ払った「クーピー風カラー箸-CHOPSTICKS12-」は、全色本物のクーピーと同じく12色。その日の気分や、メニューによって好きな色を組み合わせてお箸にするという「その発想はなかった」感が今や大ウケな様子。
 
おたくま経済新聞
(画像=おたくま経済新聞)
 お箸って、2本一組で一膳、家庭では一膳が家族それぞれの専用として使うことが一般的ですが、「クーピー風カラー箸-CHOPSTICKS12-」は各1本・12色なので色を合わせて「ひとそろい(一膳)」にはなりません。バラバラに、色々な組み合わせが出来ることで、誰か専用の特定の箸としてではなく、皆で使える箸セット。お箸なので絵は描けませんが、うっかりポキッとなることもないので安心して使えますね。
 
おたくま経済新聞
(画像=おたくま経済新聞)
 価格は1350円(税抜)、内容量はお箸12本(日本製・12色の箸各1本入)、販売エリアは関西の土産店舗、全国のバラエティショップ等にて。

<参考>
株式会社ヘソプロダクション プレスリリース

文・梓川みいな/提供元・おたくま経済新聞

【関連記事】
大阪の食パンの名店 しっとりモチモチ「生食パン」も!
横浜の食パン専門店5選 1日2万本売れる生食パンも
行列ができる限定食パンも!京都の食パンの名店
子ども名義の口座は意外と面倒?開設から子どもに渡すまでの注意点
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング(PR)
PREV 日本にも2022年にブルガリホテルが誕生!世界で大人気のブルガリホテルの秘密
NEXT セブンで選ぶ「チーズスイーツ」おすすめ5品!

READ MORE...