老若男女に愛されるコッペパン専門店「吉田パン」の魅力を紹介!

2020.1.19
RELATIONSHIP
(画像=はらへり)
(画像=はらへり)
みなさんは「吉田パン」という東京都葛飾区亀有に本店を構える大人気のコッペパン専門店をご存知でしょうか。
コッペパン専門店が各地でオープンしていますが、「吉田パン」はそのブームの火付け役と言っても過言ではありません。

「吉田パン」には甘い系からお惣菜系までたくさんの種類のコッペパンがあります。
さらに、自分で中の具をカスタマイズできるところも人気の理由のひとつです。

今回は「吉田パン」の購入場所やおすすめメニューを詳しくご紹介します。

「吉田パン」とは

はらへり
(画像=はらへり)
吉田パンは、2013年に東京都葛飾区亀有にオープンしたコッペパン専門店です。

実はこの吉田パンには師匠がいるのですが、それが岩手県盛岡市にある「福田パン」というパン屋さんです。

福田パンは地元では知らない人がいないほどの超人気店で、吉田パンの吉田社長が福田パンの美味しさに感動して、福田社長から直々にパン作りのノウハウを教えてもらったそうです。
 
はらへり
(画像=はらへり)
ちなみに、吉田パンの看板に「Lucky Bread」と書いてありますが、これは「吉田」の「吉」という漢字をもじって「吉田パンを食べて吉が来る。」という意味が込められたキャッチコピー。

実は師匠である「福田パン」のキャッチコピーは「福田」の「福」という漢字を文字って「福田パン、毎日食べて福をよぶ。」です。

キャッチコピーにも師匠への敬意が込められていたんですね。

そんな「吉田パン」のコッペパンは、お店のすぐ近くにある工房で毎日2000個以上焼き上げられるというから驚きです。

また、常に一定の美味しさを保つため、季節や温度によって調整しながら焼き上げるそうです。

吉田パンのおすすめメニュー

吉田パンには常時30種類のメニューの他、季節限定メニューも数多くあります。

さらに、好きな味を2種類選んで自分なりの組み合わせを楽しんだり、トッピングを追加することによって様々なカスタマイズをすることもできます。

あんマーガリン

はらへり
(画像=はらへり)
まずは1番人気のあんマーガリンです。
こちらはなんと1日約200個も売れるのだそう。

甘さ控えめのあんことマーガリンの相性が抜群で、大人から子供まで幅広い世代に支持されています。

なお、このあんマーガリンのあんはこしあんですが、粒あんタイプも販売されています。

ラッキードック

はらへり
(画像=はらへり)
こちらは日曜日限定、そして亀有本店限定のコッペパンです。
キャベツ、ソーセージ、ケチャップというシンプルなサンドイッチですが、歯切れの良いソーセージとふわふわのパンの組み合わせが最高です。

また、からし入りのマーガリンも良いアクセントになっています(苦手な方は抜いてもらうことも可能です)。
店員さん曰く、チーズをトッピングするのもおすすめだそうです。

クルミとチーズ

はらへり
(画像=はらへり)
こちらも亀有本店限定、そして季節限定のメニューです。
クリームチーズとクルミ、さらにはちみつという間違いのない組み合わせ。
アクセントに塩がふりかけられているので、甘じょっぱいものが好きな方にはたまらないコッペパンと言えるでしょう。

ラミー・ラミー

はらへり
(画像=はらへり)
こちらも亀有本店限定、そして季節限定メニューです。
洋酒漬けのフルーツにシナモンのスパイスが効いたちょっぴり大人なコッペパン。
コッペパンのお供といったらやはり牛乳と思われる方も多いと思いますが、こちらはワインと共に食べたくなるような大人な味です。

カレー+ポテトサラダ

はらへり
(画像=はらへり)
こちらはお店のおすすめの組み合わせ、カレーとポテトサラダです。
カレーもポテトサラダも別々のレギュラーメニューとしてあるのですが、片面をポテトサラダ、もう片面をカレーという形で組み合わせることができます。
注文する際は、「カレーとポテトサラダの組み合わせで」と伝えれば大丈夫です。

ちなみに、カレーはキーマカレーかきのこカレーの2種類から好きなものを選べます。
「ポテトサラダとカレーって合うの?」と半信半疑の方もいらっしゃるかもしれませんが、カレーにポテトサラダが加わることでクリーミーさが増してより深い味わいになります。
今度からは普通のカレーだけでは物足りなくなってしまいそうです。

林檎

はらへり
(画像=はらへり)
こちらはルミネ北千住店限定のメニューです。
シナモンが効いた果肉感たっぷりのリンゴジャムとカスタードの組み合わせが最高です。

また、レーズンも良いアクセントになっています。
冷やして食べても美味しいですよ。

安納芋マーガリン

はらへり
(画像=はらへり)
最後はこちら、ルミネ北千住店限定、そして季節限定の安納芋マーガリンです。
甘みの強い安納芋のペーストとマーガリンの組み合わせのコッペパンです。
今回ご紹介した中では1番甘さが強いコッペパンなので、甘党の方におすすめです。

吉田パンの店舗情報

そんなこだわり抜かれた大人気の「吉田パン」が購入できる店舗を詳しくご紹介します。

亀有本店

はらへり
(画像=はらへり)
まずはこちら、亀有本店です。
亀有駅北口から徒歩5分ほどの場所にあります。
 
はらへり
(画像=はらへり)
店内にはカウンターがあり、注文を受けてからここで店員さんがコッペパンを作ってくれます。
このライブ感もワクワクして楽しいですね。

ちなみに、注文はレジにいる店員さんに伝えるシステムです。
なお、イートインスペースはないので注意してください。

休日は朝から行列ができており、17:30の閉店を待たずして売り切れとなってしまうこともしばしば。
筆者は日曜日のお昼過ぎに足を運びましたが、約10人ほどが並んでいて店内に入りきらないお客さんもいました。

また、お店には駐車場は無いのですが、近隣に特定のパーキングがあるとの案内がありました。
 
はらへり
(画像=はらへり)
ここに停めると1時間無料駐車券が貰えるそうなので、車で行かれる方は店員さんに聞いてみることをおすすめします。

亀有本店の店舗情報

住所:〒125-0061 東京都葛飾区亀有5-40-1
アクセス:JR常磐線亀有駅北口徒歩5分
電話番号:03-5613-1180
定休日:無休
営業時間:
   【月】7:30~13:00
   【火~日】7:30~17:30
※いずれも売り切れ次第終了
イートインスペース:無し
駐車場:無し(近隣にコインパーキングあり) ※特定パーキングでの1時間無料駐車券がもらえるのでスタッフの方に確認してください
クレジットカード利用:不可

ルミネ北千住店

はらへり
(画像=はらへり)
こちらは2号店となるルミネ北千住店です。
2016年にオープンした時は8階のレストラン街にあったのですが、2018年に1階に移転し更に買いやすくなっています。

また、以前は17:00からの営業でしたが、現在は10:00~20:30の営業となっています。
亀有本店と比べると少し品数は少なめですが、注文してから作ってもらうライブ感は健在です。

また、こちらの店舗にしか無いメニューもあるため要チェック。
ちなみに、今は移転1周年記念として「いちごムース」という味が登場していました。
 
はらへり
(画像=はらへり)
そしてこちらもイートインスペースは無く、お持ち帰りのみです。

ルミネ北千住店の店舗情報

住所:〒120-0026 東京都足立区千住旭町42-2
アクセス:JR、地下鉄各線「北千住」駅直結
電話番号:03-3888-7552
定休日:不定休
営業時間:
   10:00~20:30
   ※売り切れ次第終了
イートインスペース:無し
駐車場:有り(北千住駅西口立体駐車場、北千住駅前駐車場)
クレジットカード利用:不可

東京駅日本橋口ベルマートキヨスク(丸の内中央ビル店)

東京駅日本橋口にあるベルマートキヨスクでも取り扱いがあります。
こちらの店舗では、上記2店舗と違い個装された状態で販売されています。
あんマーガリン、たまご、粒ピーナッツの定番3種類の他、日替わり商品もあります。

ただ、こちらは平日限定の取り扱いになっているので、休日に行かれる方は注意してください。
なお、東京駅にはもうひとつ、八重洲中央南口ギフトキヨスク東京でも取り扱いがあります。

東京駅日本橋口ベルマートキヨスク(丸の内中央ビル店)の店舗情報

住所:〒103-0028 東京都千代田区丸の内1-9-1丸の内中央ビル
アクセス:JR、地下鉄各線「東京駅」直結
電話番号:03-3281-6388
定休日:無し
営業時間:6:30~23:00
イートインスペース:無し
駐車場:無し
クレジットカード利用:可

イトーヨーカドーアリオ亀有店

2019年11月28日より、新たにイトーヨーカドーアリオ亀有でも購入できるようになりました。
こちらも、東京駅と同じく個装された状態で販売されています。
これなら行列に並ばずにより手軽に「吉田パン」を味わうことができますね。

イトーヨーカドーアリオ亀有店の店舗情報

住所:〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-49-3
アクセス:JR「亀有駅」南口徒歩5分
電話番号:03-3838-5111
定休日:無し
営業時間:10:00~21:00
イートインスペース:無し
駐車場:有り
クレジットカード利用:可

多くの人から愛される「吉田パン」

大人気コッペパン専門店「吉田パン」をご紹介しました。
シンプルだからこそこだわり抜かれた究極のコッペパン。

ただ、敷居が高いわけではなく、誰の日常にも寄り添ってくれるパンです。
その証拠に、今回お店に伺った時にも小さいお子様からお年寄りの方まで、本当に幅広い世代の方が「吉田パン」のコッペパンを求めて列に並んでいました。

師匠である「福田パン」が盛岡のソウルフードとして親しまれているように「吉田パン」も着実に亀有のソウルフードとなっています。
是非みなさんも1度足を運んでみてください。

提供元・はらへり

【関連記事】
関西の有名グルメが大集結!新大阪エキナカのおすすめランチ20選!
渋谷ランチ65選!安くて美味しい渋谷のおすすめランチを徹底網羅!
京都観光前に腹ごしらえ!京都駅で食べる絶品ランチ10選
どれにしようか迷ってしまう!名古屋のおすすめランチ25選
秋葉原の人気ラーメン店を厳選!秋葉原の美味しいラーメン29選
PREV オリジナルパフェが作れる回転スウィーツ「パフェ ゴー ラウンド」 タカシマヤのバレンタインデー企画に登場
NEXT ミスタードーナツがピエール・エルメと共同開発 全6種発表の新作試食会で全種ペロリと完食してきた

READ MORE...