ローソンのチョコづくしタルト『トリュフ オ ショコラ』は意外と甘さ控えめだったりする

2020.1.12
RELATIONSHIP
(画像=mitok)
(画像=mitok)
ローソンで販売されている『Uchi Café×GODIVA タルトトリュフ オ ショコラ』をご存じでしょうか。

いま同店が展開中のゴディバコラボスイーツのひとつ。たっぷりチョコフィリングにやわらかトリュフチョコをのせた、チョコづくしタルト。甘さ抑え気味なので、そういうタイプがお好きな人にちょうどいいチョコスイーツですかね~。

ローソン|Uchi Café×GODIVA タルトトリュフ オ ショコラ|350円

おすすめ度 ★★★★☆

mitok
(画像=mitok)
ローソンのオリジナルスイーツ『Uchi Café×GODIVA タルトトリュフ オ ショコラ』は350円(税込)。トリュフチョコを3個のせたチョコづくしタルトですね。カロリーは330kcal(脂質 22.3g、糖質 27.6g)。製造者は不二家です。
 
mitok
(画像=mitok)
ざっくり言うと、甘さ控えめのチョコづくしタルト。その手のチョコ菓子を好む人にはぴったりかと思います。(シュガーパウダーの振り具合がすごい雑)
 
mitok
(画像=mitok)
しっとり固めのココアなタルトにたっぷりチョコフィリング、さらには3粒のトリュフチョコ。トリュフチョコは極端にオイリーな口溶け重視というわけではなく、ややザラついた舌触りのやわらか系です。どの要素も甘さは強すぎず、かといってビターというほどのほろ苦さでもなく、“甘さ抜き” といった感じの仕上がり。ちょっと不思議。香り良さはあるので、ご褒美チョコ感は十分なんですけど。まぁ、これだけのチョコづくしだし、食べきるにはちょうどいい甘さという見方もありますね。

いまローソンには3種類のゴディバコラボ品が並んでいます。落ち着いた甘さのものをお求めなら『Uchi Café×GODIVA タルトトリュフ オ ショコラ』をどうぞ。

商品情報

■内容量|1個 ■カロリー|330kcal ■製造者|不二家 ■製造所|不二家 野木工場 ■原材料|植物油脂、小麦粉、乳等を主要原料とする食品、カカオマス、砂糖、チョコレートスプレッド(大豆を含む)、チョコレート(入成分を含む)、チョコフラワーペースト(入成分を含む)、油脂加工品、全卵、ココア、水あめ、粉糖、寒天加工品(粉あめ、寒天)、食塩、デキストリン/トレハロース、加工デンプン、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、香料(乳由来)、グリシン、酸味料、pH調整剤、着色料(ける背rチン、紅花赤、カロテノイド:乳・大豆由来)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。

文・mitok編集スタッフ/提供元・mitok

【関連記事】
コストコ商品のおすすめ度をまとめてみた|800品以上|すべてお試しレポートあり
業務スーパーの105円『チョコパイ』は駄菓子的でコスパ重視のおやつ
コンビニ店舗数の都道府県別ランキング&勢力マップを作ってみた|2019年12月
カルディ商品のおすすめ度をまとめてみた|300品以上|すべてお試しレポート付き
コンビニ「冷凍食品」のおすすめ度をまとめてみた|セブン・ファミマ・ローソン|200品以上
PREV マツダCX-30【試乗記】国内大本命(1.8LディーゼルターボAWD6速AT、2.0LガソリンAWD6速MT)
NEXT 絶品と評判の「ケンチキの骨スープ」はマジで人に勧めたくなるレベル

READ MORE...