ファミマの100円コーヒー「濃いめ」はどれくらい濃い? 濃度を調べてみた

2019.12.3
RELATIONSHIP
(画像=mitok)
(画像=mitok)
ファミリーマートのブレンドコーヒー「濃いめ」の濃度を調べてみました。

店舗によっては、コーヒーメーカーのブレンドメニューに「スタンダード(STANDARD)」と「濃いめ(DARK)」という2つのボタンが用意されていますよね。お値段はどちらも同じ。飲み比べれば明らかな違いなんですけど、一応数値で確認しておこうかと。計測器でコーヒー成分濃度をチェックしてみた次第です m(_ _)m

コーヒー濃度の測り方

mitok
(画像=mitok)
ファミマ5店舗でブレンドコーヒー(S)の「スタンダード」と「濃いめ」を1杯ずつ購入し、計10杯の濃度を計測。コーヒー濃度は、カフェ業界で一般的な TDS(Total Dissolved Solid)で算出しました。TDSとは水中に溶け込んでいる物質の濃度=総溶解固形分のこと。ブラックコーヒーの場合は、ほとんどコーヒー成分による濃度と考えてよいかと思います。TDSの算出にはアタゴ製濃度計『PAL-COFFEE(BX/TDS)』を使用。25℃前後で測定し、安定した値を採用しました。典型的なフィルターコーヒー飲料のTDS値は1.00~1.50%程度になります。

「濃いめ」は1.3倍ほど濃い

mitok
(画像=mitok)
「スタンダード」の平均濃度1.03%に対し、「濃いめ」は1.35%。確かに「濃いめ」は「スタンダード」より濃く、1.3倍ほどの濃度でした。

店舗別に見ると、店舗Aは「濃いめ」が1.57%と濃すぎだったり、店舗Cは濃度の差がわずかだったり(これは飲み比べても判別が困難だった……)。コーヒーメーカーのメンテナンス状態などによっては濃度にばらつきが生じることはあるようですね。ちなみに、昨年計測したファミマのブレンドコーヒー(「濃いめ」はなかった)の濃度は平均0.94%でした。全体的に濃いめになっているのかも?

*    *    *

mitok
(画像=mitok)
以上、ファミマのコーヒー濃度チェックをお届けしました。とりあえず「濃いめ」は「スタンダード」より1.3倍ほど濃い、という感覚でどうぞ(かなり想像しにくいと思いますが……)。

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。

文・mitok編集スタッフ/提供元・mitok

【関連記事】
大阪の食パンの名店 しっとりモチモチ「生食パン」も!
横浜の食パン専門店5選 1日2万本売れる生食パンも
行列ができる限定食パンも!京都の食パンの名店
子ども名義の口座は意外と面倒?開設から子どもに渡すまでの注意点
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング(PR)
PREV 米TIME誌「世界で最も素晴らしい場所100選」で日本は4ヵ所選出
NEXT ローソンの『お餅で巻いたもち食感ロール』はぎゅうひで包んだチョコケーキ

READ MORE...