コストコの「大入りベーコン」はお買い得なの? コスパを調べてみた

2019.11.9
RELATIONSHIP
(画像=mitok)
(画像=mitok)
コストコで販売されている大入りベーコンはお買い得なのでしょうか?

朝食の目玉焼きに添えたり、料理にうまみやコクを加えるために使ったりと、便利な定番食材です。日々重宝するので、できればコスパよく調達したいですよね。そこで伊藤ハムの『ハーフベーコン』を例にお買い得度をチェックしてみました。1パックなんと600g。一般のスーパーで売られている同様のベーコンと比べてお得なのでしょうか?

伊藤ハム|ハーフベーコン(600g)|888円

おすすめ度 ★★★★☆


mitok
(画像=mitok)
こちらがコストコの加工肉コーナーで販売されている伊藤ハム『 ハーフベーコン(HALF BACON)』(品番 10577)。 たっぷり600g分をひとまとめにパッケージして、お値段は888円(税込、税抜822円)です。100gあたり148円という計算になります。

コストコの『ハーフベーコン』のコスパを調べてみた

mitok
(画像=mitok)
半分にカットされていて、普段の料理に使いやすいサイズのベーコン。一般のスーパーでもよく見かけるやつです。となると気になるのは、そのコスパ。そこで、いくつかのスーパーをチェックして、お得度を調べてみました。メーカー等の違いがありますが、100gあたりの価格を算出して比較しています。

mitok
(画像=mitok)
  • コストコのハーフベーコン(伊藤ハム)……100gあたり148円
  • 店舗Aのハーフベーコン(伊藤ハム)……100gあたり274円
  • 店舗Aのハーフベーコン(PB)……100gあたり213円
  • 店舗Bのハーフベーコン(米久)……100gあたり184円
同じ伊藤ハムの『朝のフレッシュハーフベーコン』と比べると、コストコの商品は46%ほども割安でした。また、調査したスーパーの中で一番安かった米久『朝にスマイルハーフベーコン』と比べても20%ほどお得。というわけで、コストコの『ハーフベーコン』はとてもコスパがよいと言えそうです。

料理に使いやすい定番感のあるベーコン

mitok
(画像=mitok)
コストコの『ハーフベーコン』は、普段の食事用のベーコンとして、まったく違和感なく使えますよ。朝食として目玉焼きに添えたり、炒め物にうまみやコクを加えるために利用したりと、非常に便利です。

気になる点があるとしたら、600gが1パックになっていることでしょうか。開封したら、残りを早めに消費しないと…というプレッシャーがのしかかってきます。そんなときは、1回分(3~40g)ずつラップに包み、保冷袋に入れて冷凍庫で保管しましょう。

商品情報

■品番|10577 ■内容量|600g ■カロリー|100gあたり197kcal(炭水化物 4.2g) ■製造者|伊藤ハムデイリー ■保存方法|10℃以下で保存 ■原材料|豚ばら肉、糖類(水あめ、砂糖)、食塩、乳たん白、植物性たん白、卵たん白、ポークエキス調味料/調味料(有機酸等)、リン酸塩(Na)、カゼインNa、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンC)、くん液、発色剤(亜硝酸Na)、コチニール色素、香辛料抽出物、(一部に卵・乳成分・豚肉・大豆を含む)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。

文・mitok編集スタッフ/提供元・mitok

【関連記事】
大阪の食パンの名店 しっとりモチモチ「生食パン」も!
横浜の食パン専門店5選 1日2万本売れる生食パンも
行列ができる限定食パンも!京都の食パンの名店
子ども名義の口座は意外と面倒?開設から子どもに渡すまでの注意点
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング(PR)
PREV 旅と暮らしの真ん中で“田舎の不便さ”を楽しむゲストハウス『五ろり』
NEXT 山梨のキャンプ場ガイド

READ MORE...