横浜の高級寿司食べ放題の店3選 祭雛、築地玉寿司、松葉寿し

2019.8.8
RELATIONSHIP
(写真=築地玉寿司みなとみらい店)
(写真=築地玉寿司みなとみらい店)
横浜で職人が握る本格的な寿司を、値段を気にせず好きなだけ食べたい。そんな人には話題の高級寿司食べ放題がおすすめだ。みなとみらいにある人気店から高級マグロを味わえるお店まで厳選して紹介する。(※価格は基本、税抜き表示)

祭雛 ヨドバシ横浜――高級寿司と一品料理の60種類が食べ放題

(写真=祭雛 ヨドバシ横浜)

「祭雛 ヨドバシ横浜店」は、東京の高級食べ放題寿司店「雛鮨」の系列店だ。横浜駅の西口から徒歩3分、家電量販店「ヨドバシ横浜」の地下2階にある。

食べ放題メニューは、職人が握る定番のうにやトロ、人気の穴子一本握りから軍艦、手巻き寿司など常時60種類と豊富。旬の高級魚を味わえる、今月のおすすめにぎりも人気だ。握り寿司だけでなく、子供が喜びそうな鶏の唐揚げや玉子焼き、酒のつまみにぴったりのいかの塩辛など一品料理も含まれる。

価格は120分で男性4,200円、女性3,500円、4~10歳2,000円。高級寿司だけでなく新鮮な魚介類も楽しみたい家族には、「刺身・ずわい蟹盛り合わせ」が付いた豪華な食べ放題コースも用意している。1人あたり1,300円をプラスすれば飲み放題もつけられる。

祭雛 ヨドバシ横浜

築地玉寿司みなとみらい店――時間無制限で高級寿司が食べ放題

(写真=築地玉寿司みなとみらい店)
 
築地玉寿司は首都圏を中心に24店舗を展開している老舗だ。みなとみらい店は2016年3月にオープンした横浜・赤レンガ倉庫近くの商業施設「MARINE & WALK YOKOHAMA」内にある。

みなとみらい店では、市場から仕入れた新鮮なネタと職人の確かな技術で握られた高級寿司が時間無制限で堪能できる。テーブル席も30席ほど用意されているため、時間を気にせず家族で寿司を堪能できそうだ。

食べ放題のメニューはとろ、うに、いくらなどの高級ネタを始め、日替わりの高級ネタ「特上にぎり」(お一人様2貫まで)なども人気。

「元祖末広手巻き」や「ロール寿司」など、常時30種類以上の寿司を好きなだけ食べられる。価格は男性4,500円、女性3,500円、子供(3歳~小学6年生まで)2,000円。家族でゆっくりと高級寿司を味わいたい人におすすめだ。

築地玉寿司みなとみらい店

松葉寿し――天然インドマグロも!職人が握る本格江戸前寿司を食べ放題で

(画像=松葉寿し)

「松葉寿し」は、横浜駅から相鉄線に乗って約14分、西谷駅徒歩6分の場所に店を構える個人店だ。12席の大カウンター、テーブル、2階には個室席も豊富にあり、さまざまなシーンで使いやすい。

「松葉寿し」では、江戸前の伝統的な仕事を大切にした極上の寿司が堪能できる。食材で特筆すべきは、高級マグロで知られる天然インドマグロや寿司の米に無農薬・無化学肥料で栽培した「ひとめぼれ」を用いている点などが挙げられる。

提供する寿司の食べ放題は2種類ある。リーズナブルに楽しみたいのなら「スタンダードプラン」がおすすめだ。天然の中とろ、穴子、帆立などの握り寿司と、ねぎとろ、なっとうなどの手巻き寿司など28種類の寿司が食べ放題だ。料金は男性2,980円、女性2,480円、子供1,480円である。

ワンランク上の「プレミアムプラン」では、大トロ、平目、炙りサーモンなど高級ネタが加わり、選べる寿司ネタも45種類に増える。料金は男性3,980円、女性3,480円、子供1,980円。

横浜駅から少し離れるが、こだわった高級寿司を食べたい人にとっては、訪れる価値があるだろう。

松葉寿し

文・武田真那実(旅&グルメライター)
 

【関連記事】
子どもの「金融教育」は何歳から始めるのがベスト?
40代に始めておきたい「相続対策」 早めにやっておきたい2つのこと
子供1人の教育費は進路によって3,000万円も違う 私立か公立か、留学するか……?
「子どものMBA費用を払う親」が増加傾向?なかには自宅まで売る親まで
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング(PR)

PREV 2019年版「世界のベストレストラン50」が発表。日本は『傳』が11位、『Narisawa』が22位
NEXT ガイドブックには載っていない『柳川よかとこ案内』

READ MORE...