プラチナカードのコンシェルジュサービスは何ができるのか?おすすめカード3枚を比較

2020.2.6
運用・家計
(写真=Atstock Productions/Shutterstock.com)
(写真=Atstock Productions/Shutterstock.com)
プラチナカードホルダーが口を揃えて「便利だ」と言う、コンシェルジュサービス。このサービスは何ができるのか? ここでは、旅行やグルメなど、一般的なサービス内容と活用例を解説。コンシェルジュサービスがおすすめのクレジットカードも紹介しよう。

目次
1,クレジットカードのコンシェルジュサービスは何ができるのか?
2,コンシェルジュが提供してくれるサービス一覧
3,コンシェルジュサービスが役立つ6つのシーン
4,コンシェルジュサービス利用でおすすめのクレジットカード3選
5,コンシェルジュサービスはビジネスでもメリット大

1,クレジットカードのコンシェルジュサービスは何ができるのか?

クレジットカードのプラチナランク以上では、通常コンシェルジュサービスが提供される。これは、24時間365日いつでも専用の番号に電話して、ホテルや航空券、レストランなどの予約・購入や、ギフトの選定・注文などを依頼できるというものだ。

2,コンシェルジュが提供してくれるサービス一覧 ホテル手配、観劇、レストランななど

では、プラチナカードに付帯するコンシェルジュサービスは、どのようなことに対応しているのだろうか? 以下は、その主なサービス内容だ。
  • 航空券・ホテルなどの手配
  • 旅行のコーディネートと手配
  • コンサート・ミュージカル・スポーツ観戦などのチケット手配
  • レストラン予約
  • 会合・会食・宴会等のコーディネート・予約
  • ギフトの相談・コーディネート・手配
  • 商品の探索・購入
  • 各種ショップの情報提供
  • ゴルフコースの情報提供・予約
  • 緊急メッセージの保管・伝言
  • 海外旅行先での諸手配・情報提供
  • 海外旅行先でのトラブルに対する諸手配
  • 基本的な通訳サービス
【人気のプラチナカードを比較】
カード名 JCBプラチナ MUFGカード・
プラチナ・アメリカン・
エキスプレス・カード
三井住友カード
プラチナ
セゾンプラチナ・
アメリカン・
エキスプレス・カード
アメリカン・
エキスプレス・
プラチナ・カード
デザイン JCBプラチナ MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 三井住友カード プラチナ セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
年会費 27,500円 22,000円 55,000円 22,000円 143,000円
通常還元率 0.5% 0.2% 0.5% 0.75% 1.0%
  詳細はこちら
(公式サイトへ)
詳細はこちら
(公式サイトへ)
詳細はこちら
(公式サイトへ)
詳細はこちら
(公式サイトへ)
詳細はこちら
(公式サイトへ)

3,コンシェルジュサービスが役立つ6つのシーン 個人ではできない予約もできる!

これらは個人でもできることだが、なぜコンシェルジュに頼んだほうがいいのだろうか? それは、個人だと予約や手配が困難なものも、クレジットカード会社経由だと確保できることがあるからだ。特に役に立つのは、旅行やグルメ関係の予約の時だ。

役立つシーン1,旅行のコーディネート

旅行の日時や人数、予算、訪れたい観光地、希望するホテルのグレードなどを伝えると、交通手段やホテルの手配などを行ってくれる。泊まりたいホテルが「空室なし」となっていても、コンシェルジュ経由なら部屋を確保できることがある。

役立つシーン2,レストラン予約

利用日時や人数、場所、予算、希望するジャンルやグレードなどを伝えると、店舗の提案と予約を行ってくれる。コンシェルジュ経由だと良席を予約できたり、予約の取りにくい店でも予約が取れたりすることがある。

役立つシーン3,希少品の探索・購入

サービスによっては、入手困難な希少品の探索・購入を代行してくれる。

役立つシーン5,ギフトのコーディネート

予算や目的、贈る相手の属性などを伝えると適切なギフトを選び、注文から発送手続きまで行う。たとえば、「お祝いに花を贈りたいので、○○円くらいで見つくろい、メッセージカードを添えてほしい」といったオーダーができる。サービスによっては、「お世話になっている方に何か旬の生鮮魚介類を贈りたいが、今の季節だと何がおすすめか?」という相談もできる。

役立つシーン6,ビジネス会食

人数が多くなりがちなビジネスの会食。個室があるお店で、相手の好みや予算を考えるのは、かなり手間がかかる。そんな会食のコーディネートを任せることができれば、忙しいビジネスマンは大助かりだろう。こちらも、コンシェルジュ経由だと個室や良席を優先的に確保できることがある。

自分でやると時間と手間がかかることばかりなので、これらをコンシェルジュが代行してくれるのは大きなメリットと言えるだろう。

ただし、コンシェルジュにもできないことはある。たとえば、「店舗に足を運んで買い物をしてきてほしい」「明日の指定時間にモーニングコールをお願いしたい」といった依頼には対応できない。また、イベントのチケットで本人の申し込みが条件となっているものは、コンシェルジュに購入を依頼することはできない。

4,コンシェルジュサービスがおすすめのクレジットカード3選

このように便利なコンシェルジュサービスだが、クレジットカードによってその内容は変わる。さまざまな種類があるプラチナカード中でも、コンシェルジュサービスに定評のあるクレジットカード3枚を紹介しよう。

【コンシェルジュサービス利用でおすすめのクレジットカード一覧】
カード名 ラグジュアリーカード アメリカン・
エキスプレス・
プラチナ・カード
MUFGカード・
プラチナ・アメリカン・
エキスプレス・カード
デザイン ラグジュアリーカード アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 55,000円 143,000円 22,000円
特徴 オペレーターに
直接電話がつながる
“提案力”に定評あり 安い年会費で
コンシェルジュを
利用できる
  詳細はこちら
(公式サイトへ)
詳細はこちら
(公式サイトへ)
詳細はこちら
(公式サイトへ)

4-1,「ラグジュアリーカード」――自動音声なしでオペレーターに直接電話がつながる

「ラグジュアリーカード」には3種類あり、ランクはTitaniumが最上位で、Black、Goldと続く。いずれもコンシェルジュサービスが付帯している。それだけコンシェルジュサービスを重視しているということだろう。

一般的なコンシェルジュサービスでは、電話をかけるとまず自動音声が対応し、その後オペレーターにつながる。「ラグジュアリーカード」では、オペレーターに直接電話がつながる。その使い勝手の良さが、ユーザーから高く評価されている。

電話がつながった後、最初に本人確認のためカード番号の一部を伝えるのが一般的だが、ラグジュアリーカードでは生年月日や引落口座のある銀行名など、ランダムな2つの質問に答えるだけで本人確認が終了する。これなら、カードが手元にない時でも問題なく利用できる。利便性が高いコンシェルジュサービスと言えるだろう。

ラグジュアリーカード(Titanium)の基本スペック
年会費 5万円(税別)
家族会員1万5,000円(税別)
国際ブランド Mastercard
ポイントサービス 1%のキャッシュバック
賞品交換時最大2.2%還元
空港ラウンジ プライオリティ・パス
(世界1,300ヵ所以上の空港ラウンジを無料利用可)
国内主要空港+韓国+ハワイの空港ラウンジ無料
特典・サービス コンシェルジュ
1滞在5万5,000円相当の旅行特典
空港手荷物無料宅配
ハワイアン航空エリート会員ステータス
レストランへのリムジン送迎
トラベルクレジット贈呈
レストラン優待
会員限定テイスティングイベント
国内約200店舗で2名以上利用時にコース料理1名分無料
月3回映画無料鑑賞
名門ゴルフ場予約・優待
Mastercard最上位ステータス・ワールドエリートの
特典・サービスなど
付帯保険 海外最高1億2,000万円・国内最高1億円の旅行傷害保険
年間最大300万円のショッピング保険
最高1億円の交通事故傷害保険・賠償責任保険

4-2,「アメックス・プラチナ」――“提案力”に定評あり

「アメックス・プラチナ(アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード)」のプラチナ・コンシェルジェ・デスク(アメックスでは“コンシェルジェ”と表記)は、カード会員個人の趣味嗜好に合わせた柔軟な対応をしてくれる。

アメックスのコンシェルジェを通してレストランを予約すると、希望の席を取りやすいという話もよく聞く。これは、「アメックス・プラチナ」の会員が“上顧客”であると店側が認識しているからだろう。

また、提案力にも定評がある。たとえば、予約したいレストランやホテルに空きがない場合、その代替案を提案してくれる。スタータスカードブランドが磨き上げたサービスと言えるだろう。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
年会費 14万3,000円(税込)
家族カード会員は4枚まで無料
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイントサービス メンバーシップ・リワード
(100円につき通常1ポイント、
メンバーシップ・リワード・プラスの無料登録で
対象店舗と海外利用でポイントが3倍に)
空港ラウンジ アメリカン・エキスプレス・グローバル・
ラウンジ・コレクション
(7つのラウンジプログラムを無料で利用できる)
国内主要空港+ハワイの空港ラウンジを無料で利用できる
特典・サービス プラチナ・コンシェルジェ・デスク
高級ホテルなどでアーリーチェックイン・
レイトチェックアウトなどができる
4つのホテルグループの上級メンバーシップ
などに無条件で登録できる
毎年のカード更新時に国内対象ホテルで
一泊できる無料ペア宿泊券を贈呈
対象レストランで2名以上利用時に
1名分のコース料理代金が無料 ほか
付帯保険 最高1億円の海外・国内旅行傷害保険
最高6万円の航空便遅延保険(海外)
最高1億円の個人賠償責任保険
年間最高50万円のキャンセル・プロテクション
(キャンセル費用補償)
年間最高15万円のリターン・プロテクション(返品補償)
年間最高500万円のショッピング保険
年間最高50万円のワランティー・プラス
(電化製品などの補償延長)とホームウェア・プロテクション
(電化製品などの保証)
最高1,000万円のゴルフ保険

4-3,「MUFGカード・プラチナ・アメックス」――安い年会費でコンシェルジュを利用できる

年会費が安いコンシェルジュサービス付きのクレジットカードが欲しいなら、年会費2万円(税別)の「MUFGカード・プラチナ・アメックス(MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」を検討してほしい。

年会費は安くても、プラチナカードの基本的なサービスは備わっているので、旅行や外食の多い人なら、コンシェルジュサービスを含めて存分に活用できるだろう。

また、海外最高1億円・国内最高5,000万円の旅行傷害保険も、年会費を考えると評価できるポイントだ。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 2万円(税別)
家族カード会員1人目は無料
2人目からは1人につき3,000円(税別)
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイントサービス グローバルポイント
(1,000円につき通常1ポイント、
新規入会初年度は国内利用ポイント1.5倍
海外は常時ポイント2倍、指定した「記念月」にポイント2倍、
年間の利用金額に応じてポイントアップ、
長期継続利用の会員に年1回ボーナスポイント贈呈)
空港ラウンジ プライオリティ・パス
(世界1,300ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる)
国内主要空港+ハワイの空港ラウンジ無料
特典・サービス プラチナ・コンシェルジュ・サービス
手荷物空港宅配無料
宿泊予約サービス「Relux」7%オフ
対象レストランで2名以上利用時に
1名分のコース料理代金が無料
名門ゴルフ場予約代行サービス
24時間健康・介護相談サービス
三菱UFJ銀行・三菱UFJフィナンシャルグループ各社での優遇
アメックス提供の各種特典など
付帯保険 海外最高1億円・国内最高5,000万円の旅行傷害保険
最高2万円の国内・海外渡航便遅延保険
年間300万円限度のショッピング保険
最高1,000万円の犯罪被害者傷害保険

5,コンシェルジュサービスはビジネスでもメリットが大きい

“秘書”のような働きをしてくれるコンシェルジュサービスは、ビジネスでも大いに使える。取引先との会食に適したレストランの選定と予約や、開店祝いなどの選定と発注、ゴルフ接待の手配など、自分で行う場合の手間と時間を大幅に節約できるはずだ。

コンシェルジュサービスで予約できるのは高級店に限らないので、忘年会や社員旅行などで使うと、満足度をキープしつつ手間とコストを抑えられるだろう。

プラチナカードを選ぶ際の基準の1つとして、コンシェルジュサービスが充実しているかどうかをチェックしてみるといいいだろう。

執筆・

「ZUU online」をはじめ、さまざまな金融・経済専門サイトに寄稿。特にクレジットカード分野では専門サイトでの執筆経験もあり。雑誌、書籍、テレビ、ラジオ、企業広報サイトなどに編集・ライターとして関わってきた経験を持つ。

【関連記事 PR】
人気のプラチナカード10枚を比較 代表的クレジットカードを紹介
プラチナカードのインビテーションをもらうには?
「楽天ブラックカード」の魅力 インビテーションや年収条件も紹介
最上位ブラックカード「JCB ザ・クラス」のメリット・特徴は?
アメックスのブラックカード「センチュリオン」のメリット・特徴は?

PREV 共働き世帯の平均貯金額はいくら?共働き夫婦でも貯金ができない3つの理由
NEXT アメックスのブラックカード「センチュリオン」の必要年収や特典、インビテーション条件などを紹介 最高級クレジットカー...

READ MORE...