配偶者や恋人とお金の管理をまとめた方がいい4つの理由

2019.10.27
FINANCE
(画像=Getty Images)
(画像=Getty Images)
モトリーフール・アセント、2019年6月4日投稿記事より

配偶者やパートナーと人生を一緒に計画する際には多くの大きな決断を伴いますが、お金の管理をまとめることは物事をシンプルにします。

愛する誰かと人生を一緒に歩んでいくことを決めたとき、お金の管理もまとめる方が理にかなっているかもしれません。

お金の管理をまとめることで問題が発生してしまう可能性もありますが、結婚したり、生涯一緒に過ごす関係になったりしたときにお金をまとめた方がいい理由はたくさんあります。

1. お金の管理が楽

管理を分けておくと、誰がどの支払いを負担するのかというような難しい会話を強いられることになります。

住宅ローンをどれくらい負担するかなど、あらゆることが問題になるでしょう。

お金の管理上、一つの銀行口座にしている場合でも、お金の優先順位について話しあう必要があります。

ただし、どこからどれくらい引き出すか毎回話し合うほどの複雑さはありません。

2. 同じ目標に向かって取り組むことができる

結婚や将来一緒に過ごすことを考えているカップルは、家を買うことから家族を持つこと、退職後の人生の黄金時代など、たくさんのことを一緒にするでしょう。

これらの目標を達成するためには協力して努力する必要があります。

お金の管理をまとめている場合には、目標にどれほど近づいているかが見やすくなるでしょう。

大きな目標は、チームワークの方が達成する確率がはるかに高くなるでしょう。

3. お互いが責任を取るようになる

たとえお金の管理をまとめていなくても、配偶者やパートナーのお金に関する決断はお互いの人生に影響してきます。

大きな借金を抱えたり、クレジットカードの評価を下げたりした場合、お互いの行動に響くでしょう。

お金の管理をまとめていると、パートナーが責任ある選択をしているかどうかを確認しやすくなり、必要となれば話し合うこともできます。

お金の管理がまとめられているので、お互いが嫌だと思って行動を取る回数は減るでしょう。

4. 収入格差に対処しなくていい

多くの場合、カップルの間で収入格差があるでしょう。

どちらかがキャリアから離れて家族の世話をする場合などもそうです。配偶者やパートナーが金銭的に苦労している間、もう1人の方が自由にお金を使っているという状況はあまり望ましくありません。

お金をまとめてしまい、このシナリオを避けるほうがはるかにいいでしょう。

お金の管理についてパートナーと相談しましょう

お金の管理いかんにかかわらず、お互いにどのように経済生活を管理するか合意していることが重要です。

結婚や交際する中でどのようにお金を扱うか、率直に会話し、深く入り込む前に、必ず合意するようにしましょう。

文・モトリーフール編集部/提供元・The Motley Fool Japan

【関連記事 PR】
iDeCo(イデコ)を40代から始めるのは遅いのか
iDeCo(イデコ)をSBI証券で始める場合の手数料は?他の証券会社と比較
楽天証券でiDeCo(イデコ)を始めるメリット
クレジットカード「VISA」はどんなブランドなのか?
ポイント還元率の高いクレジットカード11選
PREV お金のことを話し合う夫婦は貯蓄割合が増える傾向 話し合いのポイントは?
NEXT 中古住宅購入を検討している人が知っておくべきホームインスペクション

READ MORE...