お金に関する目標を立てるための6つのコツ

2019.8.29
FINANCE
(画像=Getty Images)
(画像=Getty Images)
モトリーフール・アセント、2019年6月11日投稿記事より

自分のお金で何をしたいか目標を持っていますか?

もしないのであれば、あまり考えずにお金を使うことになるかもしれません。

お金に関する目標を立てることは大きな目標を達成するための鍵になりますが、そのためには達成可能な小さな目標を設定する必要があります。

この記事では、目標を設定するときに達成に近づくためのテクニックを6つ紹介します。

1. 本当に達成したい目標だけ設定する

そもそも目標を達成したいと強く思わなければ、達成する可能性は低いでしょう。

たとえば、家を実際に購入したいと思っていない場合、頭金を貯めるという目標を設定したとしてもやる気が出にくいでしょう。

お金に関して最も重要なことを考える時間を取り、大事な目標を設定しましょう。

2. 目標を具体的かつ測定可能なものにする

目標を立てるにあたって、明確な成功の定義を設けることは重要です。

言い換えれば、早期退職したいのであれば、目標を「早期退職するために十分貯蓄する」と設定するだけではいけません。

このように漠然とした目標は方向性を定めないので、達成を難しくしてしまいます。

目標を設定したら、達成したいことを具体的に決め、成功を明確に定義してください。

目標を早期退職とするのであれば、何歳で退職したいか、いくら必要になるかを決め、達成するためには毎月どれくらい貯金しなければならないか決定する必要があります。

3. 目標を合理的なものにする

達成不可能な目標を設定することは失敗につながり、将来の目標設定を妨げる可能性があります。

具体的かつ測定可能な目標を設定しましょう。

これは、大きな目標を避けるべきだという意味ではありません。

自分自身を後押しして一歩前進することを望んでいるのであれば、ほんの少しだけ手の届かないところに目標を設定してもいいでしょう。

しかし、不可能な目標には決してしないようにしましょう。

すでに28歳なのに30歳で退職したいなどの目標は、宝くじを当てたりしない限り手が届かなくなる可能性があります。

40歳で退職したいという目標は、現実的な計画として立てることができるでしょう。

4. 大きな目標を小さな目標に分解する

お金に関する目標は、ほとんどが大金を貯金することが必要となるものでしょう。

たとえば、早期退職には1億円必要で、マイホームの頭金に1,000万円必要かもしれません。

ここまで大きな目標を設定するのではなく、大きな目標を一連の小さな目標に分割すると良いでしょう。

たとえば、老後資金のために毎年NISAやiDeCoを上限まで投資する、または頭金のために毎年200万円貯金するという目標を設定することができます。

合理的な時間枠内で達成可能な目標を立てることで、少しずつゴールに近づき、意欲が高まります。

5. 期限を設ける

どんな目標でも期限を設けるようにしましょう。

そうしなければ永遠に達成できないかもしれません。

目標達成への期限を確立することで、成功をより簡単に追跡して、正しい方向性に進んでいるかどうかを確認できます。

期限に間に合わせるように工夫して努力することで、達成感を得られるでしょう。

5年以内にマイホームの頭金で1,000万円を貯めるという目標を達成したい場合は、逆算して年間200万円必要だということがわかります。

これが困難な場合は、目標を調整するか、他の仕事を探すか、それまで安い場所に住むなど、困難な目標を達成するための別の方法を考えることができます。

また、目標を達成するまでの期間は、数年を超えてはいけません。

達成までに時間がかかる場合、より小さな目的に分割することが重要になります。

6. 進捗状況を追跡する

最後に、目標までの進捗状況を確認し、コースから外れた場合に調整できるようにしなければなりません。

目標への進捗状況を追跡するためにアプリやスプレッドシートなどを使うことができます。

どのようなアプローチを取ったとしても、進捗状況を追跡する中で目標達成に近づくたびに喜びを得るような確認方法にするようにしましょう。

無理のないお金の目標を設定しましょう

これを機に目標を設定し、それらを達成するために動き始めましょう。

コツコツと小さな目標を達成し、大きな目標が達成できたときには大きな喜びを感じることができるでしょう。

文・モトリーフール編集部/提供元・The Motley Fool Japan

【関連記事 PR】
iDeCo(イデコ)を40代から始めるのは遅いのか
iDeCo(イデコ)をSBI証券で始める場合の手数料は?他の証券会社と比較
楽天証券でiDeCo(イデコ)を始めるメリット
クレジットカード「VISA」はどんなブランドなのか?
ポイント還元率の高いクレジットカード11選
PREV 楽天証券でiDeCo(イデコ)を始めるメリット 初心者におすすめの投資信託9選も紹介
NEXT 全く仕事をせずにお金を稼ぐ方法

READ MORE...