アメックス・ゴールドカードの特典や年会費は?レストラン優待、ラウンジ無料利用、充実の保険など魅力を紹介

2019.7.15
FINANCE
(写真=Fenixx666/Shutterstock.com)
(写真=Fenixx666/Shutterstock.com)
アメックス(アメリカン・エキスプレス)のゴールドカードは、他社プラチナカードに匹敵する特典とサービスが魅力のクレジットカードだ。ほかに見られない独自の保険も付帯するこのカードの魅力について紹介しよう。

アメックス・ゴールドカードは他社プラチナ相当のスペックを持つ

アメックスのクレジットカードは、同じグレードをうたう他社カードよりワンランク上のスペックを持つと言われている。

例えば、アメックスで一般カードにあたる「アメックス・グリーン(アメリカン・エキスプレス・カード)」には、国内空港ラウンジサービスが付帯しているが、これは通常であればゴールド以上のカードにしかない特典だ。

そのため「アメックス・ゴールドカード(アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)」では、ゴールドグレードであるにも関わらず、他社プラチナカードに近い特典・サービス内容となっている。

つまり、名称は“ゴールドカード”であっても、実質的にはプラチナ相当のカードということになる。

カードの年会費が2万9,000円(税別)と、他社プラチナカード相当の金額となっているのもそのためだろう。なお家族カードの年会費は1枚目は無料、2枚目以降は1万2,000円(税別)で持てる。

アメックス・ゴールドカードの主な特徴――高級レストランサービス、京都のラウンジが利用できる特典も

このカードには他社カードにはない独自の京都ラウンジサービスや、旅行やコンサートなどのキャンセルに対応するユニークな保険なども付帯しており、それが大きな特徴となっている。

ゴールド・ダイニング by 招待日和――レストランの優待サービス

国内と海外の約200店舗のレストランにおいて、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコース料理代金が無料になるサービス。これはレストランが高級であればあるほど、大きなメリットになるだろう。

京都の寺院内ラウンジが利用可能――観光スポットでゆっくりくつろげる

京都観光の折に便利なのが、高台寺塔頭・圓徳院に設置された「京都特別観光ラウンジ」の無料利用特典だ。

圓徳院は豊臣秀吉の正室である北政所(ねね)が晩年を過ごした場所で、アメックスのゴールド以上の会員が利用できるラウンジでお茶の接待を受けられる。また、圓徳院の拝観無料など寺院観光の優待も提供されている。

国内外の空港ラウンジ無料利用――プライオリティ・パスも年会費無料で登録可能

国内外29空港の空港ラウンジを会員と同伴者1名で無料利用できるほか、世界1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」に年会費無料で登録でき、さらに1回32米ドルの利用料金が年間2回まで無料となる。

そのほか、海外旅行に便利なサービスとして、海外旅行の出発・帰国時にスーツケース1個を自宅-空港間で無料配送するサービスや、空港の送迎を割安の定額価格で利用できるサービスなどが提供されている。

付帯旅行傷害保険――海外最高1億円・国内最高5,000万円の補償

海外旅行傷害保険は、利用付帯(旅行代金をカードで支払った場合に付帯)では最高1億円(傷害死亡・後遺障害)、自動付帯(カードでの支払いの有無にかかわらず付帯)では最高5,000万円となる。傷害・疾病の治療費用は利用付帯では最高300万円、自動付帯では最高200万円となる。

一方、国内旅行傷害保険は利用付帯のみで最高5,000万円(傷害死亡・後遺障害)となる。

これらの保険は家族カード会員にも利用付帯のみ適用され、海外・国内ともに最高5,000万円(傷害死亡・後遺障害)となる。

さらに、家族特約として家族カードを持たない家族(配偶者ならびに生計をともにする家族)にも保険が適用され、傷害死亡・後遺障害で最高1,000万円(国内は利用付帯のみ)、傷害・疾病の治療費用で最高200万円となる。

コンサートに行けないときなど、他ではなかなかない多様な保険が充実

そのほか、年間最高500万円までのショッピング保険(1事故につき免責1万円)や、急な出張や病気・ケガによる入院などで旅行やコンサートに行けなくなった場合に、そのキャンセル費用を年間10万円まで補償する「キャンセル・プロテクション」がある。

さらに飛行機の遅れや手荷物の到着遅延・紛失による臨時出費を補償する「航空便遅延補償」、カードで購入した商品の返品を店舗が受け付けない場合に、購入から90日以内であれば1商品につき最高3万円相当額、年間最高15万円相当額まで代金を払い戻しする「リターン・プロテクション」など、他社カードではあまりない多様な保険が充実する。

ゴールドカードとしては最高クラスの特典・サービスが享受できる

2万9,000円(税別)の年会費はゴールドカードの年会費としては高額に感じられるが、プラチナ相当のカードとして考えると、むしろリーズナブルな金額と言っていい。

一般的なプラチナカードと比べて足りない点があるとすれば、プライオリティ・パスの利用が年2回に限定されていることだが、海外旅行の回数がそう多くないのであればそこまで気にならないだろう。

ゴールドカードとしては最高クラスの特典・サービスが充実しているのが、このアメックス・ゴールドカードの最大の魅力だといえる。

文・モリソウイチロウ(ライター)
 

【関連記事】
40代で持ちたいクレカはゴールドより「プラチナカード」? その魅力、代表的なカード比較
経営者・エグゼクティブ向けクレカ「ダイナースクラブ」を持つためには?
ゴールドカードのメリットや作り方 年会費無料のクレジットカードも紹介
陸マイラーがトクするクレカ3選 還元率3%も?
ポイント還元率の高いクレジットカード11選 買い物、マイル、通信など生活をおトクに

PREV 生命保険のさまざまな平均は?加入率、加入件数、保険料など
NEXT 「銀行系クレジットカード」のメリット・デメリットを解説 ATMや振込手数料無料の特典も

READ MORE...