保険証券はどういうもの?紛失した場合の保険の効力と再発行手続き

2019.2.6
FINANCE
(写真=Rawpixel.com/Shutterstock.com)
(写真=Rawpixel.com/Shutterstock.com)
保険の契約成立時に発行される、保険証券。その記載事項から、保障内容や保険料など様々な情報を読み取ることができる。保険証券は各種手続きをする際に必要になる場合があるため、届いたら内容を確認するのはもちろん、大切に保管しておかなければならない。

保険証券とは?券面の記載事項から何がわかる?

保険証券は、保険契約が成立したことや契約内容が券面の記載通りで間違いないことなどを証明するために、保険会社が契約者に対して交付する文書のことだ。証券に記載されている内容は保険種類や保障内容によって異なるが、概ね以下のようになっている。
  • 証券番号
  • 保険期間
  • 保険契約者情報(保険の契約者となる人の住所・氏名・生年月日など)
  • 被保険者情報(被保険者となる人の住所・氏名・生年月日など)
  • 保障内容
  • 保障条件
  • 保険料
  • 保険料の払込期間
  • 保険金受取人
  • 解約返戻金の推移(解約返戻金がある契約の場合)
保険証券が届いたら、契約者情報や被保険者情報、契約内容などに相違がないか、必ず確認する必要がある。被保険者の性別や生年月日に間違いがあると保険料が変わる可能性があり、契約条件に間違いがあると必要な保障を受けられない可能性がある。そのため被保険者情報や契約条件については、特に念入りに確認することが大切だ。

保険証券の提出が必要な場合とは?

保険証券は、契約内容を確認する以外に、以下のような手続きをする際にも必要になることがある。
  • 保険金請求
  • 満期保険金の受取り
  • 解約
  • 契約者の変更
  • 保障内容の変更
  • 保険金受取人の変更
保険証券が見当たらない場合、保険会社によっては保険証券に記載されている証券番号の告知や、満期案内の提出、本人確認書類(運転免許証など)の提出などによって手続きを進められることもある。

上記の手続きに必要な書類や、保険証券紛失時に必要な対応は保険会社によって異なるため、詳しくは自分が加入している商品を扱う保険会社に問い合わせてみるといいだろう。

保険証券を紛失したら保険の効力はどうなる?再発行手続きは?

保険証券を紛失した場合、不安なのは「保険の効力が消滅し、保障を受けられなくなるのではないか」ということだろう。

保険証券は保険契約の成立とその内容を証明するための大切な書類ではあるが、これを紛失したからといって契約の効力が消滅することはない。例えば、生命保険に加入している人が保険証券を紛失したまま入院をした場合でも、所定の手続きさえ踏めば保険金の給付を受けられるのだ。

保険証券は再発行することも可能

保険の効力が継続するとはいえ、保険証券を紛失したまま放置しておくのはいささか不安だろう。保険証券は、保険会社で所定の手続きをすることで再発行してもらうことができる。

保険証券の再発行手続きは、契約者本人が保険会社にその旨を申し出、必要書類を提出する必要がある。証券番号は保険会社から送付される「契約内容のお知らせ」や「満期案内」などにも記載されているため、手元にあれば控えておくとスムーズに手続きを進められるだろう。

WEB証券なら保険証券を紛失する心配はない

近年は保険証券のペーパーレス化が進んでおり、保険会社によっては契約締結時に紙の保険証券を発行しない「WEB証券」を選択できることがある。WEB証券であれば保険証券を紛失する心配はないし、WEB上でいつでも保険内容を確認することができる。また保険会社によっては、WEB証券を選択することで保険料の割引を受けられることもある。

インターネットをスムーズに利用でき、WEB証券でも差し支えがない人は検討してみてはどうだろうか。

文・曽我部三代(保険業界に強いファイナンシャルプランナー)
 

【関連記事】
40代で「がん保険」は必要か?
保険の代理店が外貨建て保険を勧める本当の理由とは?
がん保険の基礎知識 「特約」や「一時金」とは何か?
医療保険の「掛け捨て」と「積立」、 40代はどっちを選ぶべき?
40代が知っておきたい保険の知識まとめ

PREV 生命保険料控除制度とは?妻の保険も対象になる?
NEXT NISAでロールオーバーするときの取得価格はどうなる?いつの時点の時価なのか

READ MORE...