「三井物産」と「三菱商事」平均年収が高いのはどっち?就職ランキングで人気の商社を比較

2019.5.25
BUSINESS
(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
就職情報サイト「キャリタス」が2020年に卒業する学生を対象に実施したアンケートで、大学生が入りたい企業で9位の「三井物産」と3位の「三菱商事」。多くの学生が勤めたいと思う人気企業の年収はいくらなのだろうか。有価証券報告書から従業員の年間給与を紹介する。

有価証券報告書とは?

日本証券業協会によれば、有価証券報告書とは会社の概況から事業や設備の状況、財務状況まで多岐にわたる情報が盛り込まれている報告書のこと

子会社を保有している企業の場合、連結決算と単体決算に分けて利益等が表示されている。単体ではその企業のみの損失や利益等の数字、連結は子会社や関連会社も含めた数字である。子会社の経営状況は少なからず親会社に影響するため、現在は日本を含め世界的に連結決算の数字が重要視されている。

三井物産の平均年間給与は1,419万円

気になる三井物産の平均年間給与は、1,419.9万円。また平均年齢は42.1歳で、平均勤続年数は18.5年だ(2018年3月31日現在における提出会社単体の数字)。

子会社を含めた連結ベースの売上高は、2018年度は4兆8,921億円。前年度は4兆3,639億円で、堅調な伸びを示している。

>>>続きを読む
「三井物産」の平均年収はいくら?就職人気ランキングの常連企業の平均年間給与を紹介(2019.5.19)

三菱商事の平均年間給与は1,540万円

有価証券報告書によれば、三菱商事の平均年間給与は1,540.9万円だ。従業員の平均年齢は42.7歳で、平均勤続年数は18年5ヵ月となっている(2018年3月31日現在における提出会社単体の数字)。

子会社を含めた連結ベースの純利益は、2015年度で1,493億円、2016年度は4,402億円、2017年度は5,601億円と右肩上りになっている。2017年度には大手コンビニエンスストアのローソンを子会社化している。

>>>続きを読む
「三菱商事」の平均年収はいくら?売上高ランキング1位の企業の年収は1,500万円超え?(2019.5.21)

年間給与所得は三菱商事の方が高い!?

有価証券報告書の結果をみると、三菱商事の方が三井物産よりも121万円、平均給与が高いという結果となった。報告書を制作する際の対象の違いなどもあるため、一概には言えない数字ではある。だがこれから商社への転職を考えているという人は、平均年間給与についても知っておくと損はないのではないだろうか。

文・MONEY TIMES編集部
 

【関連記事】
ミレニアル世代の6割が「仕事のストレスで眠れない」試してみたい7つの解消法
みんながやっている仕事のストレス解消方法1位は?2位は美食、3位は旅行……
職場で他人を一番イラつかせる行動トップ3
「ゴールドマン、Facebookなどから転身、成功した女性起業家6人
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング(PR)

PREV タワマン高層階住まいは幸せなのか?ビジネスパーソンが陥りがちな「生活レベル」の罠
NEXT ストレスに強い人がやっているたった2つのこと「嫌なことをあえて思い出す」「自分を機械ととらえる」

READ MORE...