『しらべぇ』より

若い女性の3割は「SNSで話を盛る」と判明 世代格差も顕著に

2020.9.15
ビジネス・キャリア
(画像=metamorworks/iStock/Getty Images Plus,しらべぇより引用)
(画像=metamorworks/iStock/Getty Images Plus,しらべぇより引用)

身近な友人から著名人まで、さまざまな人の発信を見ることができるSNSやブログ。気軽にコミュニケーションを図れるため、毎日更新やチェックをしている人も多いはず。

その中で「この人話を盛っているのでしょ」と感じた経験はないだろうか。

意外と低い数値に

(画像=しらべぇより引用)


しらべぇ編集部では、全国10~60代の男女1,789人を対象に調査をしたところ、「話を盛っている」と回答した人は全体の14.1%にとどまった。男性が13.8%、女性は14.5%となり、わずかながらも女性が高い結果となった。

話を盛りがちな10~20代

今回の調査結果を男女年代別で分析してみると…

(画像=しらべぇより引用)


SNSと身近な10~20代は男女ともに高い数値を記録した。スマートフォンとともに成長している世代ともいえるので、この結果には納得できる。日常会話でSNSの話題も多く、自分自身を良く見せたいという気持ちが強いのだろう。

少し意外だったのが、30代以降は男性の数値が高いことだ。もしかすると、家庭での存在感が薄く承認欲求が満たされないため、SNSやブログでかっこいい自分を演じているのかもしれない。

SNS時代をどう生きるか

今回の結果を振り返ると全体の数値は低かったが、10~20代は男女ともに高い数値を記録した。話を盛ることで見ている人の興味を引くことはできるが、その反面誤解を与えたり、信用されなくなる可能性もある。

SNSやブログに熱中しすぎず適度な距離感を持って、ともに生きていくことが大切なのではないだろうか。

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太)

提供元・しらべぇ


【関連記事】
いきなりステーキ社長の反省文で話題 『ワイルドステーキ』改善を確かめてみた結果
お茶出しを「男性社員がしてはいけない理由」とは… 先輩の一言に唖然
電車で寝ていたら突然膝を叩かれ… 「目覚めたときの状況」にハッとした
仮面ライダーBLACKのステーキ店『ビリーザキッド』が最高 昭和生まれ感涙の味
7つの臓器を提供した青年の父 心臓移植を受けた女性に対面し力強い鼓動に感動
PREV 中断されたアストラゼネカのコロナワクチン開発が再開される可能性
NEXT Apple Watchの新モデルも発表か? 9月16日(水)午前2時~「Apple Event」が開催!

READ MORE...