Amazonは1月13日、羽田空港第3ターミナルにAmazonロッカーを設置し、サービスを開始しました。

海外から入国し宿泊施設での隔離を要請される人々が、Amazonで注文した商品を入国時に受け取れるようになります。

目次

  1. Amazonが羽田空港に「入国者向けロッカー」設置、日本初

Amazonが羽田空港に「入国者向けロッカー」設置、日本初

Amazonは日本空港ビルデング株式会社と東京国際空港ターミナル株式会社とのパートナーシップのもと、1月13日に羽田空港第3ターミナルに3台のAmazonロッカーを設置しサービスを開始しました。

コロナ禍において日本入国後に検疫所が確保する施設で待機する人々が、施設に向かう前にAmazonで注文した商品を非接触で受け取れることを目的としています。

このロッカーで商品を受け取るには、Amazon.co.jpから商品を注文して受取先を空港内のロッカーに設定します。

3台のロッカーはそれぞれ「Sun」「Mercury」「Mars」と名付けられ、羽田空港内の同じ場所に設置されています。

ロッカーへの配達が完了すると、受取準備完了の通知メールが送信され、空港到着後にメールの「ピックアップを開始」をクリックして進めると、ロッカーが遠隔で開き商品を受け取れる仕組みとなっています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる