タイ政府は、4月1日から外国人旅行者を対象に、1人あたり300バーツ(約1,000円)の入国税の徴収を開始する予定です。

目次

  1. タイで外国人旅行者から入国税300バーツを徴収予定、4月から

タイで外国人旅行者から入国税300バーツを徴収予定、4月から

政府報道官が明らかにしたところによれば、タイ政府は外国人旅行者を対象として、4月1日から1人あたり300バーツ(約1,000円)の入国税の徴収を開始する予定です。

数年前からタイで導入が計画されていたものの、これまで開始日については未定となっていました。

空港使用料などと同様、航空券代金に上乗せして徴収される見込みで、陸路での入国については、徴収方法を検討中ということです。

外国人のみが対象で、徴収税の一部は滞在中の旅行保険として使われる予定です。

入国税や観光税などの名目で、旅行者に税を課す国は増加しており、日本でも2019年から出国者を対象に1,000円が「国際観光旅客税」として徴収しています。

タイ観光・スポーツ省は4月~12月にタイを訪れる外国人旅行者は500万人程度と予測しており、この入国税により15億バーツ(約52億円)の収入を見込んでいます。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる