いよいよ気配の出てきた磯のクロ釣りに、大分県南の米水津に行ってきました。安定のアラカブ狙いを楽しんだ後、フカセ釣りでは30cm超のクロをゲットした釣行をリポートします。

米水津でクロ釣り

10月30日に、愉快な仲間たちとともに大分県南の米水津に出掛けました。功明丸さんにお世話になりまして、朝5時に出船です。本来なら当番瀬の横島1番に上がる予定でしたが、台風の影響が残り、思った以上に波気がありました。こんなときは、御手洗船長の指示に従い、安全な磯で釣りです。

船長さんのお話では、「このごろクロの活性も高まり、上手いことエサ取りをかわすことができれば、良型がGETできるよ?」とのことでした。この記事が掲載されるころには、今以上にクロ釣りシーズン到来かと思います♪

寒くなるのは普段は嫌ですが、クロ釣りのことを思うと寒さもなんのこと♪嬉しい季節がやってきたなぁと心が踊ります。

白子の東でアラカブ釣りから

私は藤本さんと白子の東に上がりました。ここは風も波もなく、穏やかな感じです。綺麗な朝日を眺めながら、まずはロックフィッシュの仕掛けを組みます。

仕掛けを投げ入れると、1投目からゴツゴツとアタリがあります。サオの引きを楽しみながら、ゆっくり上げると、アラカブです。そしてまたも、サオを押さえ込むようなアタリです。今度はなかなかの良型です。

場所を少しずつかえながら歩いてみると……どの場所でもアタリが必ずあるほど、アラカブの宝庫です♪お持ち帰りの5匹をクーラーに入れて、あとはリリースしました。

好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し
(画像=好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し朝一はアラカブを満喫(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)、『TSURINEWS』より 引用)

フカセ釣り転戦で30cm級クロ

朝一番から、フカセでクロ狙いをしていた藤本さん。2ヒロのタナで、クロを次から次へと掛けまくっています。そんな姿を見て、私もが磯ザオにチェンジです。スーパーエキスパートUEのウキを使い、2ヒロのタナ、遠投重視でやってみます。

好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し
(画像=好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し朝イチに手中のクロ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)、『TSURINEWS』より 引用)

後ろ側が岩壁となっているので、なかなか投げにくいのですが、遠投をしないと食わない。気を配りながら、サオの弾力を使って投げます!28~30cmまでのクロをなんとか手中に♪私より、藤本さんの方が一回り大きかったかな(笑)。

好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し
(画像=好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し著者の釣ったクロ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)、『TSURINEWS』より 引用)

瀬がわりでカワハギ手中

お昼前になり、今度はトリノス崖へと移動です。一緒に来た釣り仲間が左右にいます。お互いの釣りが見えるというのも楽しいですね!

ファーストヒットは、カワハギです。おいしいお土産なのですが、けっこうな数がいるのかな?仕掛けを投げ入れても、すぐにエサがなくなります。キタマクラもいるのかな。ハリスが傷付いて戻ってきます。傷付いたハリスでは、クロがきた時に困るなぁ~と思い、毎回ハリスのチェックです。

潮がわりで良型クロ登場

しばらくすると……今度は沈黙の海です!エサが付いたまんまなのです。そして、潮のかわり目に、待望のクロGET。嬉しい1匹です。そして、立て続けにアタリ。ようやくサイズアップで30cmオーバーです。一安心。

納竿間近になり、潮もとてもいい雰囲気になってきました。すると、藤本さんのサオが大きく曲がります。慎重なやり取りで浮かせたのは、40cmクラスのナイスサイズです♪磯場に喜び声が響きます。

同行者もそれぞれ満足釣果

好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し
(画像=好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し角田さんはオオモンハタもゲット(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)、『TSURINEWS』より 引用)

港に戻り、皆さん、笑顔満開です!一番驚いたのは、際でオオモンハタを釣り上げた角田さんです。こんなおいしいお魚がゲストでくるなんて、とても羨ましいです。

好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し
(画像=好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し同行者も好釣果(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)、『TSURINEWS』より 引用)

また、永元さんは尺越えのアラカブ。このサイズになると、迫力ある顔つきです。矢田さんも40cmクラスのクロをゲット。

好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し
(画像=好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し本命ゲットで皆さん笑顔(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)、『TSURINEWS』より 引用)

民宿清水まりんへ

釣りの後は、蒲江の民宿清水まりんへ行きました。海の幸料理と娘さんのピザを食べて、ぐっすりと眠りました。翌日は海で元気に遊んでいるお孫さんの姿を見て、海に感謝。自然のありがたみを感じました。

好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し
(画像=好シーズン到来の磯フカセ釣りで40cm級頭に良型クロ続々顔出し民宿の子供がアオリイカをキャッチ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)、『TSURINEWS』より 引用)

<藤本みどり/TSURINEWSライター>

提供元・TSURINEWS

【関連記事】
ゼロから始める「カヤックフィッシング」 マダイを釣るためのキホン5選
船長に聞く「沖釣り初心者の心得」:東京湾LTアジ 厳選船宿8選も紹介
大豆ではなく「魚で作った」味噌とは? 実は各地に存在する発酵魚介食材
干物にすると飛躍的に美味しくなる海釣りターゲット4選
釣り編集者が上天草へお試し移住 移住家族に聞く「リアルな本音」とは?