2月4日に行われる北京オリンピックの開会式の演出総監督であるチャン・イーモウ氏は、今回の式を2008年夏に同氏が演出を手がけた当時の北京五輪と比較して、規模を大幅に縮小することを発表しました。

目次

  1. 開会式の規模縮小、出演者数は08年の5分の1に
  2. 規模縮小の背景、コロナの感染対策と寒さに

開会式の規模縮小、出演者数は08年の5分の1に

北京にある国家スタジアム、通称「鳥の巣」で行われる北京オリンピックの開会式では、2008年の開会式の1万5,000人から大幅縮小して3,000人程度にするとのことです。

また、時間は半分以下の1時間40分以内に短縮することを明らかにしました。

規模縮小の背景、コロナの感染対策と寒さに

開会式の規模縮小理由についてチャン監督は、新型コロナウイルスの感染対策と寒さを考慮したとしています。

現在中国では新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株の市中感染の例が複数報告されています。

中国政府による公式発表のデータによれば感染拡大はみられないものの、北京五輪を目前にした今、感染拡大抑止へ一層緊張感を高めています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる