広告代理店の株式会社電通は、「COVID-19生活者意識ナビゲーター(第19回日米比較編)」を日本の20~69歳の男女1,000名を対象に実施しました。

2021年11月下旬に行われた本調査は、電通の海外事業を統括する「電通インターナショナル社」の米国拠点が、2020年3月下旬から翌年10月にかけて24回にわたり実施したコロナ禍での生活者の意識調査を、日本でも同様に実施したものとなります。

また、本調査は「生活者の心理ステージ」「コロナ禍の状況認識」「感染拡大時期と現在行っている予防策」「年末年始の集まり」「3回目のワクチン接種意向」 の5つで構成されています。

生活者の心理ステージ

「生活者の心理ステージ」については、今回の新型コロナウイルスの感染拡大が日常生活にどのような影響を与えたかについて、ステージ別に生活者の心理変容を明らかにしています。

日本ではステージ4「収束の兆し」が第17回以降増加傾向にありましたが第19回で26%と、調査史上最も高い割合となりました。

「3回目のワクチン接種したい」77% 電通のコロナ意識調査にて
▲生活者の心理ステージ:株式会社電通プレスリリース(画像=『訪日ラボ』より 引用)

また、ステージ3「順応・適応」からステージ5「収束後の生活へ」にかけては68%と、第17回の35%からは33%上昇、第18回の56%からは12%の上昇でウィズコロナへと心理状態が移行している様子がうかがえます。

一方米国では、第21回以降にステージ4から5にかけ減少していましたが、第24回でともに増加しています。

コロナ禍の状況認識

「コロナ禍の状況認識」は、今までの新型コロナウイルスの感染状況の経過について、回答者がどう感じるかについて調査した結果です。

「3回目のワクチン接種したい」77% 電通のコロナ意識調査にて
▲コロナ禍の状況認識:株式会社電通プレスリリース(画像=『訪日ラボ』より 引用)

日本では「感染状況は落ち着きを取り戻してきている」「うまく対応できている」「感染拡大は間もなく終わると思う」の合計が84%と過去最高を更新しました。

また、それぞれの数値も順位57%、23%、4%と過去最高を更新しています。

上記に伴い、感染状況は悪化しているものの「対応できる範囲内」「手に負えない」はそれぞれ過去最低の割合となり、悲観的な認識は減少しています。

日米ともに「感染拡大は間もなく終わると思う」とした人は、全調査を通して一桁台と非常に低い割合で推移しています。