1月5日、全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は年末年始(12月25日〜1月4日)の利用実績を発表しました。

国内線の利用者数は各社ともに、昨年度と比較して大幅な増加が見られています。

目次

2019年度比、国内線旅客数が7〜8割まで回復
【ANA】国内線旅客数、116万人超え
【JAL】国内線旅客数、106万人超え
LCCも前年度から大幅増加

2019年度比、国内線旅客数が7〜8割まで回復

国内線旅客数はANAが前年度比で6割以上、JALが2倍以上と大幅に伸び、2019年度比ではANAが7割程度、JALが8割台まで回復しました。 依然として新型コロナウイルスの影響が続くため、国際線旅客数は両社とも2019年度比で9割程度の減少という結果でした。

【ANA】国内線旅客数、116万人超え

全日本空輸(ANA)国内線の2021年度年末年始期間の総旅客数は116万3916人であり、この値は2020年度比165.5%となり大幅に増加しています。

一方で、コロナ禍以前の2019年度と比較すると、69.9%に留まりました。

また、国際線の旅客数は前年比67.4%増の3万503人という結果になりました。

【JAL】国内線旅客数、106万人超え

日本航空(JAL)国内線の2021年度年末年始期間の総旅客数は106万1940人であり、この値は2020年度比223.3%となり大幅に増加しています。

一方で、コロナ禍以前の2019年度と比較すると、84.7%に留まりました。

また、国際線の旅客数は前年度比99.1%増の3万2697人という結果になりました。

LCCも前年度から大幅増加

LCC(格安航空会社)における同期間の国内線旅客数も前年度から大幅に増加しました。

ジェットスター・ジャパンの旅客数は前年比153.4%となる16万1505人を記録し、ピーチの旅客数は前年比249.9%となる24万1163人となりました。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる