オンライン上でのホテル予約を提供しアジア圏を中心に事業展開するAgodaは、2021年の大みそかに予約された目的地のランキングを公表しました。

有名な都市は依然として予約が相次いでいますが、より人込みを避けられる自然やビーチへの旅行が今年の大みそかのトレンドとなっているようです。

本データの2020年の年越し予約は12月18日、2021年の年越し国内予約は12月1日に集計されたものです。

目次

  1. 多くの国々で首都が1位を堅守
    1. 自然豊かな景勝地が新たにランクイン

多くの国々で首都が1位を堅守

今回の2021年の大みそかに予約された目的地では、アジア全域で上位3か国に首都がランクインする一方で、ゴア(インドで1位)、セブ(フィリピン)、済州島(韓国)、ペナン(マレーシア)など世界的にも有名なリゾート地がランクインしました。

以下、アジア各国で予約された目的地の上位3都市です。

インドネシア

順位 2020年 2021年
1 ジャカルタ ジャカルタ
2 バリ バリ
3 バンドン バンドン

インド

順位 2020年 2021年
1 ゴア ゴア
2 ムンバイ ニューデリーとデリー首都圏(NCR)
3 ニューデリーとデリー首都圏(NCR) ムンバイ

マレーシア

順位 2020年 2021年
1 クアラルンプール クアラルンプール
2 ランカウイ ペナン
3 ペナン クチン

韓国

順位 2020年 2021年
1 ソウル ソウル
2 済州島 釜山
3 釜山 済州島

台湾

順位 2020年 2021年
1 台北 台北
2 台中 台中
3 高雄 高雄

タイ

順位 2020年 2021年
1 パタヤ バンコク
2 バンコク パタヤ
3 チェンマイ チェンマイ

ベトナム

順位 2020年 2021年
1 ホーチミン ホーチミン
2 ダラット サパ
3 ハノイ ダラット

自然豊かな景勝地が新たにランクイン

Agodaによると今年のランキングで新しくランクインした都市は、タム島(インドネシア:10位)、墾丁(台湾:10位)、アンダマン・ニコバル諸島(インド:7位)となっているほか、ボホール(フィリピン:8位)、カオコー(タイ:9位)、ニンビン(ベトナム:10位)など、緑豊かな山や景勝地が予約を獲得しています。

各国の上位10都市は、Agodaのニュースルームより閲覧可能です。

なお、台湾とインドネシアは昨年と比較し上位3都市に変動はありません。

Agodaの副社長であるTim Hughes氏は

『Agodaのデータによると、大都市や伝統的な祝祭などの目的地に加え、アジア全域の旅行者は「外に出たい」「逃げたい」「コロナ禍の影響を受けた都市の制約や支配から逃れたい」という継続的な欲求を示しているようです。また、台湾とタイの旅行者は昨年と比較して、より高い星カテゴリーのホテルを予約しています。厳しい2021年の終わりに贅沢な時間を過ごそうとしています。』

と述べています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる