香港ディズニーランドは、2022年1月7日から1月20日まで一時的に閉園することを発表しました。今回で閉園されるのは4回目となります。

目次

  1. 閉園期間中 リゾートホテルは通常営業
  2. 一時閉園は2021年11月にも

閉園期間中 リゾートホテルは通常営業

公式サイトでは、今回の閉園について「香港政府および保健当局の要請と、香港全域で行われている予防活動の一環である。」と述べています。 一方パークは閉園されますが、リゾートホテルは通常通り営業する予定です。

「サービスレベルを調整した上で営業を継続し、ホテル内のレストランやレクリエーション施設でのサービスは、最新の規定に基づいて調整される。」と述べ、今後も政府の方針に従う姿勢です。

閉園期間のチケットを所持している人については有効期限の延長を発表しました。詳細は近日公式サイトにて公開される予定です。

一時閉園は2021年11月にも

2021年11月には、香港ディズニーランドで来園者の1人が新型コロナウイルスの陽性であることが判明し、一時的に閉園されました。 また、その日パーク内にいたスタッフと来園者にはPCR検査を受けさせました。

香港以外でも、世界のディズニーランドは新型コロナウイルスの流行初期に数ヶ月間閉園しました。2020年6月頃からは徐々に再開されていますが、チケットの事前予約、人数制限、検温チェック、マスク着用などの規制がかけられています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる