イスラエル政府は1月9日からオミクロン株が感染状況が深刻な国を除く大半の国からの入国を再開する方針を示しました。

現地メディアによるとアメリカやイギリスなど、感染状況が深刻な国からの入国は引き続き禁止が続きます。

目次

  1. イスラエルへの入国再開へ、4回目摂取も開始

イスラエルへの入国再開へ、4回目摂取も開始

イスラエルは新型コロナの変異株であるオミクロン株の感染が各国で広まっていることを受け、昨年11月下旬から外国人の入国を原則すべて禁止していました。

イスラエルの保健省は政府の指標で感染が中程度としている国はワクチン接種などを条件に1月9日から入国を再開する方針を示しました。

地元メディアによると、入国再開の対象国には日本やドイツなど大半の国が含まれる見込みです。しかし感染状況が深刻な一部の国の入国は禁止が続きます。

3日から60歳以上の高齢者を対象に新型コロナウイルスワクチンの4回目摂取が始まっています。

イスラエルのベネット首相は約10万人がすでに4回目接種を終えたか予約をしたとしています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる