第6位 「绝绝子(jué jué zi)」・・・「やばい」(良い意味でも悪い意味でもつかう)

ランキング6位の「绝绝子」という単語も紹介されました。

「やばい」というニュアンスがあり、日本語と同様で、前後の文脈によって良い意味や悪い意味に変わります。

中国「2021年10大ネット用語」発表 現地の世相を反映する結果に
(画像=▲绝绝子:株式会社ENJOY JAPAN、『訪日ラボ』より引用)

元々は中国のアイドルオーディション番組で、ファンが「~子」という言葉を使って出場者を応援したのが始まりです。そこから派生して「绝绝子」という単語が流行しました。

第7位 「躺平(Tǎng píng)」・・・「プレッシャーに対する諦め、抵抗しないこと」

最後に紹介されたのはランキング7位の「躺平」という単語です。

意味は、プレッシャーに直面しても、内心の動揺はなく、積極的に諦めて抵抗をしない人のことです。

背景には、受験競争や就職難など過度なプレッシャーのある環境で育った90年代と2000年代生まれの世代が、「受験や就職の競争を避け、家や車を買わずに最低限の生活を送ること」を目指す流れがあります。

また、プレッシャーを減らす手段として、第3位の「双减」を政府が打ち出していることにも関係しています。

<参考>
・株式会社ENJOY JAPAN:【話題!】2021年10大ネット用語をご紹介!
・光明日报社概况:Chinese Inventory 2021
・株式会社ENJOY JAPAN:公式サイト

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる