中国では、毎年1月に中国版「新語・流行語大賞」の1つである「10大ネット用語」が発表されます。

2021年の「10大ネット用語」について、中国を軸にマーケティング、コンサルティングを手がける株式会社ENJOY JAPANのYouTubeチャンネルにて解説されています。

今回選ばれた単語は「觉醒年代」「YYDS」「双减」「破防」「元宇宙」「绝绝子」「躺平」「伤害性不高、侮辱性极」「我看不懂、但我大受震撼」「强国有我」の10単語です。

目次

第2位 「YYDS」 ・・・「神ってる!」「神すぎる!」

まず、動画で紹介されたのはランキング2位の「YYDS」という単語です。

「永遠的神(永遠の神)」という単語のピンインの頭文字を取ったもので「神ってる」、「神すぎる」というニュアンスがあります。日常では「彩色眼线笔YYDS!(カラーアイライナー神!)」のように使われています。

中国「2021年10大ネット用語」発表 現地の世相を反映する結果に
(画像=▲YYDS:株式会社ENJOY JAPAN、『訪日ラボ』より引用)

東京オリンピックでは射撃種目で金メダルを獲った選手に対して、中国初の金メダリストである許海峰さんが筆で「YYDS」と書いて祝ったことも話題となりました。

また、東京オリンピック期間中は、活躍した選手に対して多くの「YYDS」がネット上で送られていました。

第3位 「双减(Shuāngjiǎn)」・・・「ダブル負担軽減」

次に紹介されたのはランキング3位の「双减」という単語です。

2021年7月、中国政府がオンライン・オフラインの課外研修を規制しました。これは義務教育学生に対して、宿題や課外研修の過度な負担を軽減するべきという政府の方針に基づく通達でした。いわゆる、中国版「ゆとり教育」です。

これにより、学生の負担と、教育費など親への負担の両方が減ることを意味するのが「双减」です。