「メタバース」とは、オンライン上の仮想空間のことで、近年観光分野における活用が注目されています。

本記事では、メタバースとは何か、そしてメタバースが観光業にもたらす影響について解説します。

目次
メタバースとは何か?
メタバースの観光分野における活用事例

メタバースとは何か?

メタバースとは「超(meta)」と「宇宙(universe)」を組み合わせた造語で、オンライン上の仮想空間やそのサービスを指します。

3Dによる仮想空間上で現実の社会同様世界中から参加者が集い、一人一人がアバターとしての人格を持ち、社会活動や経済活動を行うことが可能な空間を意味しています。

最近ではFacebookが社名を「メタ」に変更し、メタバースの世界を積極的にアピールしたことで、次世代のテクノロジーとして注目が集まっています。

観光業界では、デジタルマーケティングの手段としての活用が期待される

メタバースは観光業界の文脈では、次世代のデジタルマーケティングの手段としての活用が想定されます。

例えばメタバース空間で京都の紅葉を見て楽しんでもらい、その次は実際に京都の紅葉を体験してもらうといった流れが想定できます。

その他にも、メタバース空間での旅行代理店を使ったツアーオペレーターなどが誕生することも考えられます。

メタバースの観光分野における活用事例

ここからはメタバースが観光分野において実際にどのような方法で活用されているのか、現時点での活用事例を紹介します。

【国内】沖縄発のメタバース「バーチャルOKINAWA」に首里城の復元

「株式会社あしびかんぱにー」は、2019年10月31日に発生した火災で焼損した首里城を、沖縄発のメタバース「バーチャルOKINAWA」上で復元すると発表しました。

同社は、沖縄発のメタバース参画企業として、「バーチャルOKINAWA」内でアフターコロナを見据えた沖縄観光地と仮想空間が提携した沖縄体験を展開しています。

沖縄美ら島財団監修のもとで復元する首里城エリアは、2022年春ごろに公開される予定で、現在は「バーチャル国際通り」の制作に着手しており、クラウドファンディングが開催されています。

【海外】韓国を訪れる前に新しい旅行体験

韓国では、メタバース・プラットフォームを利用した新キャンペーン「Come Play with Korea, K-VIBE FESTA」が開始されました。

メタバースを用いて、韓国観光公社(KTO)が各地域の特徴や魅力を世界中のユーザーに紹介するもので、人々は実際に韓国を訪れる前に、新しい旅行体験を試すことができます。

一緒に韓国旅行をしたいアーティストと、そのアーティストと行きたい場所を選べる「Fan Letter Event」も、キャンペーンページで開催されます。

韓国の人気観光地をバーチャルで巡る新しい旅の体験に、期待が高まります。