Googleは誰でも口コミ投稿ができるため、中には店舗にとって悪い印象となる口コミを投稿する人もいます。

Googleはユーザー数が非常に多く、投稿内容は店舗の評判に直結する重要な要素です。店舗の健全な運営のため、そもそも口コミ自体を書けないようにしたり、悪い口コミについては削除や非表示にしたりしたいと考える人もいるでしょう。

この記事では、Google上で口コミを書けないような設定はそもそも可能なのか、そして削除や非表示にできるのかを説明し、口コミの効果的な活用方法を解説します。

目次

  1. 結論:Googleの口コミは、書けないように設定することはできない
    1. Googleの口コミは削除できる?
    2. Googleマップの口コミの削除依頼方法
  2. 上手に口コミを活用するには
    1. 口コミに対して返信する
    2. 口コミを積極的に集め、改善につなげる
  3. Google口コミの投稿は防げない。できればポジティブに捉える

結論:Googleの口コミは、書けないように設定することはできない

口コミは店舗の営業に大きく影響してしまうリスクがあります。そのため、口コミが投稿されることをどうにかして止めたいと考える店舗もあるでしょう。

しかし、Googleの口コミ機能は、はじめから口コミを書けないように設定することはできません。Googleマップに掲載されている店舗はすべて口コミの対象となるため、投稿自体を防ぐことはできません。

店舗がオーナー確認をしていなくても、ユーザーが店舗情報をGoogleマップ上に登録し、口コミ投稿することすらできてしまいます。

また、口コミはアカウントがないユーザーも閲覧できます。基本的に実店舗として営業している限り、口コミの投稿は避けられません。

Googleの口コミは削除できる?

Googleマップの口コミは削除はできませんが、あまりにも悪質な場合をはじめ、ガイドラインに違反する内容であれば、削除依頼ができます。実際の体験や情報にもとづいていないもの、関連性がないもの、誹謗中傷などの内容が該当します。Googleに報告すると、不適切な口コミの削除、アカウントの停止などの措置が行われます。

ただし、削除の判断基準はGoogleにあるため、基準を満たさない場合は削除されません。なお、自分で書いた口コミは、Googleマップ上で簡単に削除が可能です。

Googleマップの口コミの削除依頼方法

まず、Googleにログインします。メニューから「口コミ」をクリックし、「その他メニュー」から「不適切なコメントを報告」を選択します。「このクチコミはこの場所と無関係です」「利害に関する問題」などの項目の中からもっとも適切なものを選択し、Googleに削除依頼を報告できます。

また、オーナーによる申請よりも優先度が下がる可能性はありますが、Googleマップからユーザーとして削除依頼をすることもできます。Googleマップを開き、報告対象の口コミを選択して「その他メニュー」から「不適切なクチコミとして報告」をクリックすると申請が完了します。

上手に口コミを活用するには

Googleの口コミ機能は、ネガティブな内容を投稿されてしまうリスクがある一方、活用次第では店舗の評価を高めることもできます。

以下では、口コミの効果的な活用方法について解説します。

口コミに対して返信する

Googleでは、口コミに対して返信をすることが可能です。口コミへの返信を通して、店舗の姿勢や顧客への思いを伝えることもできます。

たとえば、ポジティブな口コミに対しては、感謝の言葉と次回の来店を促すメッセージを返信します。ネガティブな口コミに対しては、店舗の方針を明確に伝えて改善策を報告するか、あるいは口コミが事実でない場合、丁寧にその旨を伝えます。口コミとその返信を見ているユーザーが多くいることを意識して、誠実に対応することが大切です。

口コミを積極的に集め、改善につなげる

店舗にとってネガティブな口コミが書かれるとつい落ち込んでしまうものですが、サービス改善のヒントとして活用できるものもあります。商品やサービスに対してのクレームの場合、改善が可能であればそれを明確に返信し、見直しを行いましょう。

口コミは実際にサービスを体験した顧客の生の声であり、企業にとって貴重な意見でもあります。ネガティブな口コミも、スタッフが真摯な姿勢で店舗の改善をしていけば、評価をあげることもできます。さらに、顧客の意見に積極的に耳を傾けられれば、よい口コミを増やすことにつながるでしょう。

Google口コミの投稿は防げない。できればポジティブに捉える

Googleへ投稿される口コミは「集まってくる」ものであるため、投稿を防ぐことはできません。店舗にとって悪い口コミが投稿されれば、売上や集客に悪影響があるおそれがあります。ネガティブなイメージがある反面、活用次第では店舗の収益アップのチャンスとなる可能性もあるため、ポジティブに捉えると良いでしょう。

また、悪い口コミには迅速に対応し、ほかの投稿者へ誠実な姿勢をアピールすることが大切です。口コミを上手に活用し、企業の収益向上や店舗集客に役立てましょう。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】