成田空港は23日、11月の空港利用状況を発表しました。

目次

  1. 国内線旅客はコロナ前の7割まで回復

国内線旅客はコロナ前の7割まで回復

11月の旅客数は国内線が41万1,650人と前年比61%増でした。国際線は19万8,689人と前年比37%増でした。コロナ前の2019年11月と比較すると国内旅客数は7割まで回復しています。

航空機の発着回数は前年比18%増の1万2,293回、国際線の貨物便発着回数は4,498回で4月以降連続して前年を上回り、新型コロナ前の2019年11月と比べると約2倍の102%増と大幅に増えています。

成田国際空港では来秋から7年後の完成を目指して滑走路を新設・延伸する予定です。国の玄関として旅行客が一層利用しやすい空港にするための機能強化をし、インバウンド増加を促進する狙いです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる