バナナは世界中で最も消費されている果物ですが、現在危機的な状況にあります。

オーストラリア・クイーンズランド大学(UQ)の園芸科学センターに所属するジェーン・レイ氏ら研究チームが、治療法の見つかっていない「バナナを殺す病」が東南アジアで拡大していると報告しました。

既に、主流のキャベンディッシュ種を含む18種類のバナナが影響を受けており、早急な対処が必要になっています。

研究の詳細は、11月9日付の学術誌『Plant Disease』に掲載されました。

目次

「バナナを殺す病」が広がる
東南アジアで拡大し続けるバナナの病で、「安くて美味しいバナナ」の危機

「バナナを殺す病」が広がる

現在、バナナを殺す病「Banana Blood disease」が東南アジア全域に拡大しています。

直訳すると、“バナナ血液病”になりますが、この名称には理由があります。

(以後Banana Blood diseaseをバナナ血液病と記載します)

バナナが出血したように腐敗する「バナナ血液病」がアジアで急拡大している
(画像=Banana Blood diseaseの影響 / Credit:Jane Ray et al.,Plant Disease(2021)、『ナゾロジー』より引用)

バナナ血液病に感染したバナナは腐敗し、血を流しているような見た目になるのです。

果実が腐敗し、葉はしおれ、最終的には死んでしまいます。

しかも現在、バナナ血液病の治療法は確立されていません。

ではこの病はつい最近、見つかったものなのでしょうか?

実はそうではありません。バナナ血液病が最初に報告されたのは1905年のことです。

インドネシアのカユアディ島で見つかったバナナ血液病は、島のバナナ農園に深刻な影響を与え、オーナーは農園を放棄せざるを得なくなりました。

人々が早急にバナナの流通を制限したため、病をこの狭い島に60年間閉じ込めることに成功。

しかし、バナナ血液病の拡大は結局止められなかったようです。