全米自動車協会(AAA)は12月17日、クリスマスシーズンの12月23日から、年末年始の2022年1月2日にかけて、アメリカで1億900万人が旅行に出かけるとの予想を発表しました。

これはコロナ禍以前の2019年の92%にあたる水準です。

目次

  1. 1億900万人以上のアメリカ人がクリスマスと新年に旅行すると予想

1億900万人以上のアメリカ人がクリスマスと新年に旅行すると予想

12月17日、全米自動車協会(AAA)は、クリスマスと年末年始のシーズンである、2021年12月23日から2022年1月2日までの期間中に、アメリカ国内の旅行客が1億900人にのぼるという予想を発表しました。

自動車による旅行客が1億人で最も多いと見られ、 飛行機、バス・列車による旅行者は、それぞれ600万人、300万人と予想されています。

コロナ禍以前の2019年の92%にあたり、旅行者数がコロナ禍以前の水準に戻りつつあることが分かります。

AAAは、冬期の新型コロナウイルス感染拡大と、変異株であるオミクロン株への懸念により、実際の旅行客数は変動する可能性があるとしつつも、多くの人は旅行計画をキャンセルしていないと伝えています。

<参照>
traveloffpath:Over 109 Million Americans Expected To Travel For Christmas And New Year

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる