日本百貨店協会が2021年11月の免税売上高・来店動向を発表しました。11月の免税総売上高は約34億8,000万円で、前年同月比24.7%増加となりました。

一人当たりの購買単価も約48万3,000円と前年同月比27.0%増加しており、特に一般物品売上高(化粧品、食料品などを除く)の売上が約30億円で前年同月比88.5%の伸びとなっています。

ただし、ここまで勢いのあった一人当たりの購買額には48万3,000円と前月比約2万円弱という若干の減少が見られました。

目次

  1. 2021年11月の免税総売上高は約34億8,000万円
    1. 2021年11月の購買客数は7,000人
    2. 11月の人気商品群:化粧品が1位をキープ
  2. オミクロン株感染拡大、どこまで防げるか 水際対策の今後

2021年11月の免税総売上高は約34億8,000万円

2021年11月の免税総売上高は約34億8,000万円で、前年同月比24.7%増加となりました。

一般物品売上高は約30億5,000万円で前年同月比88.5%増加し、前月よりも3億円増加しました。緊急事態宣言が解除され、百貨店も営業規制がなくなったことから、9月以降順調に伸びを見せています。

ただし、オミクロン株の影響で厳しい入国制限が課されたことから、12月から2022年1月にかけて免税総売上高が減少することが予想されます。

11月の免税売上高は約34億円、一般物品の売上高好調傾向続く
(画像=▲免税総売上高の推移:日本百貨店協会プレスリリースより訪日ラボ作成、『訪日ラボ』より引用)

2021年11月の購買客数は7,000人

11月の免税売上における一人当たりの購買額は増加し約48万3,000円でした。前年同月比27.0%増加となりました。また、購買客数は約7,000人で前年同月比1.8%減でした。

10月と比較し、一人当たりの購買額は2万円程度減少していますが、購買客数が増加していることからこの減少幅になったものと見込まれます。

また購買客数については、2020年11月において一部の国でビジネストラック・レジデンストラックがスタートし入国規制の緩和が行われていたことから、減少幅は比較的小さい方だと考えられます。

11月の免税売上高は約34億円、一般物品の売上高好調傾向続く
(画像=▲免税購買客数の推移:日本百貨店協会プレスリリースより訪日ラボ作成、『訪日ラボ』より引用)

11月の人気商品群:化粧品が1位をキープ

11月の人気商品群としては、1位が化粧品となり、次いでハイエンドブランド、食料品、婦人服飾雑貨、紳士服・雑貨となりました。紳士服・雑貨が新たに5位にランクインしました。

また、免税手続きカウンターの来店国別順位は、1位が中国本土、次いで台湾、韓国、香港、シンガポール、タイ、マレーシアと続きました。順位の大きな変動は見られませんでした。

オミクロン株感染拡大、どこまで防げるか 水際対策の今後

今後については、新型コロナウイルスの変異株、オミクロン株による感染拡大をどこまで防げるのか、そして再度の緊急事態宣言による百貨店の営業規制を食い止めることができるのかが問われそうです。

また世界各国の感染状況について、日本政府は感染拡大防止のため、水際対策を年内まで強化すると当初発表していましたが、2022年明けについても措置を継続するという発表がありました。

これらの措置が継続する期間によって、免税売上高が大きく左右されると考えられます。

<参照>
日本百貨店協会:2021年11月免税売上高・来店動向【速報】

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる