シンガポールは、ワクチン接種完了者を対象に続けてきた隔離なしの入国許可「Vaccinated Travel Lane(VTL)」について、対象者への専用フライト、バスの新規受付を一時停止することを発表しました。

12月16日にはVTLの対象国に新たに5か国を追加していましたが、オミクロン株の拡大を受けて対応を変更したということです。

目次

  1. VTL専用のチケット新規販売を停止、1月20日まで

VTL専用のチケット新規販売を停止、1月20日まで

シンガポール政府は12月22日、オミクロン株が世界的に拡大していることから、渡航制限と入国制限を強化しました。これに伴い、VTL専用フライトやバスのチケットの新規販売を23日より停止しています。

VTLとはワクチン接種を完了させた人が利用できるプログラムで、陸路(バス)、空路(飛行機)ともに入国時の隔離義務が免除されるものです。12月16日には対象国が5か国追加され、カナダ、オーストラリア、アメリカ(一部を除く)など計22の国と地域が利用可能とされていました。(日本は対象外)

今回の停止措置について、政府は海外からのオミクロン株流入を防ぐためとしています。12月23日から新規販売が停止されており、1月20日まで継続するということです。また1月20日以降もチケットの販売数を制限していく予定です。

なお現在VTLチケットを保有している人は引き続きプログラムを利用でき、隔離なしの入国が認められます。

シンガポール政府は、今後も動向を鑑みつつ、状況に応じて対応を変化させていくとしています。

<参照>
シンガポール保健省:REMAINING VIGILANT AGAINST THE OMICRON VARIANT

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる