タクシーの相乗り解禁、今後どのように広まるのか

コロナ禍で解禁時期が調整されていたタクシーの相乗りが、ついに11月1日から全国で解禁されました。

タクシー相乗りにはさまざまなメリットがあり、都心部と地方では、まったく異なるかたちで活用されるものと考えられます。

そのメリットは大きく、普及が進めば現代社会における課題である電車の混雑やタクシー渋滞の緩和にもつながると考えられます。

デメリットもあるものの、今後発表されるアプリの仕組みや、相乗りできるタクシー自体に対策が施されることも期待されます。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる