2021年12月、世界的な有力旅行誌「Travel + Leisure」インド・南アジア版の読者投票で、日本が「Best Cultural Destination」(最も文化的な旅行先)に初めて選出されました。

目次

  1. 世界的な有力旅行誌「Travel + Leisure」インド・南アジア版で

世界的な有力旅行誌「Travel + Leisure」インド・南アジア版で

「Travel + Leisure」は、アメリカをはじめ中国や東南アジアなどで発行されている、ラグジュアリー層向けの月刊旅行雑誌です。

インド・南アジア版でも、主に高学歴・高所得層が購読しており、世界各地の質の高い観光地やアクティビティ、ホテル、グルメ情報などを紹介しています。

今回、同誌の読者が選ぶ「World’s Best Award」のインド・南アジア版(「India’s Best Award 2021」)で、日本が初めて「Best Cultural Destination」に選出されました。

このアワードは、インド国内の観光業界への影響力が大きく、「Adventure」や「Shopping」など49におよぶカテゴリで読者投票が行われたものです。

これまで「日本」や「東京」が「Best MICE Destination」及び「Best Food Destination」を受賞していましたが、「Best Cultural Destination」の受賞は初めてのことです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる