米国の中小企業向けオンライン請求書発行サービスSkynovaは、583人の経営者を含む1,075人を対象にワクチン未接種の人々が接種が進む環境でどのように日常生活を送るべきだと考えているか調査をしました。

目次

  1. 未接種者には規制するべき 追加料金も

未接種者には規制するべき 追加料金も

調査では、ワクチン接種を完了している経営者から上がった意見として、未接種者の航空券購入を規制するべきと回答した割合が46%、レストラン利用の規制をするべきと回答した割合が38%、ホテル滞在を規制すべきと回答した割合が35%でした。

調査対象者の67%は、規制だけでなく未接種者の追加料金を設定することにも賛成しています。航空券、映画の切符、レストランの食事、ホテルでの滞在には、未接種者が追加料金を払うべきだという意見があがりました。

背景には、経営者は従業員が陽性となる度に788ドルの損失が出てしまうことに悩まされていることがあります。

現在米国での感染者は増加傾向にあり、1日約20万人の新規感染者が発表されています。それに対し、ワクチンの接種完了した人は人口の約62%ほどです。新たな変異株の流行も考慮し、ワクチンの接種完了をより拡大する必要があります。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる