WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は12月20日、新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株が世界で急拡大していることを受け、クリスマスや年末年始のイベント中止を求めました。

目次

  1. WHO、オミクロン拡大受け年末年始のイベント中止求める

WHO、オミクロン拡大受け年末年始のイベント中止求める

WHOのテドロス事務局長は、2021年12月20日に行われた会見で、クリスマスや年末年始のイベント中止を呼びかけました。

オミクロン株の感染が、これまでにないペースで拡大している状況を受けたものです。

WHOによれば、12月16日までの時点で89か国でオミクロン株の感染者が確認されており、各国は対応を急いでいます。

テドロス事務局長は「イベントのキャンセルは命のキャンセルより良い」、「今お祝いをして後で悲しむよりも、今はキャンセルして後で祝うほうが良い」と訴えました。

さらに、今後1年以内にパンデミックを収束させるためには、それぞれの国のリーダーだけでなく、一人ひとりが困難な決断をする必要があるとも訴えました。

2022年半ばまでにパンデミックを終わらせるためには、世界のすべての国で不平等なく人口の70%がワクチン接種を完了させる必要があるとしています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる