人類史を振り返ってみれば、儀式と称して、残酷な処刑が数々行われてきました。

その中で最も悪名高い儀式の一つに、「血のワシ(blood eagle)」と呼ばれるものがあります。

これは中世ヨーロッパ時代にヴァイキングが行なった儀式と伝えられていますが、実は、本当にやっていたのかどうかは今もって分かっていません。

しかしこのほど、シカゴ大学(University of Chicago・米)の研究により、実際に「血のワシ」は実施可能であったことが示唆されました。

一体、どんな儀式なのか?

あまりにも血なまぐさいので、この先も読まれる方はご注意ください。

研究は、同大のプレスリリース『University of Chicago Press Journals』に掲載されています。

目次
「血のワシ」とは、どんな儀式なのか?

「血のワシ」とは、どんな儀式なのか?

「血のワシ」に関する考古学的な証拠や、あるいはヴァイキング自身の記録は一切見つかっていません。

それが記録されていたのは、スカルド詩とサガの中の記述のみです。

スカルド詩とは、9〜13世紀ごろの北欧(特にスカンディナヴィアとアイスランド)で読まれた古ノルド語による韻文詩のこと。

サガ(サーガとも)は、中世アイスランドで成立した古ノルド語による散文作品群の総称のことです。

その方法はきわめて残酷で、まず、犠牲者を生きたまま台座の上にうつ伏せに寝かせます。

次に、鋭い刃物で背中を開き、脊椎から肋骨を切り離します。

そして、左右の肺を引きずり出し、まるでワシの翼のように広げるのだという。

その配置および、肺が最後にひらひらと動く様子が翼の動きに似ていることから、「血のワシ」と呼ばれるようになりました。

こちらは、スウェーデンのゴットランド島にあるヴァイキング時代の石碑で、上から3段目に「血のワシ」が図像が記されています。

史上もっとも残酷なヴァイキングの拷問法「血のワシ」は実際に可能だったと判明
(画像=ゴットランド島にある石碑 / Credit: Luke John Murphy et al., University of Chicago Press Journals(2021)、『ナゾロジー』より 引用)

拡大すると、このような感じです。

史上もっとも残酷なヴァイキングの拷問法「血のワシ」は実際に可能だったと判明
(画像=「血のワシ」のイメージ / Credit: Luke John Murphy et al., University of Chicago Press Journals(2021)、『ナゾロジー』より 引用)

ただし、この儀式が文学上の作り話なのか、それとも本当にヴァイキングに伝わる慣習なのかは不明です。

専門家らの間では、何十年も「血のワシ」が伝説として退けられてきました。

これを実際にあったことと証明するのは、考古学的な遺物か、ヴァイキング自身の記述が見つからないかぎり不可能です。

そこでシカゴ大の研究チームは、別のアプローチから、つまり「血のワシは実行可能だったのか」という問いから調査しました。

そして導き出された答えは「イエス」です。