9月末の緊急事態宣言の解除後以降、旅行需要は回復傾向にあります。

年末年始には帰省や国内旅行への意欲は高く、JRやJAL、ANAといった鉄道、航空各社の予約数も増加傾向にあります。

一方でオミクロン株の感染拡大への危機感が高まる中、海外旅行やインバウンドは低調です。さらに今後のオミクロン株の感染状況によっては、国内旅行の需要も下がりかねません。

目次

  1. 年末年始の予約数増加、JR6社で前年比181%に
    1. 航空業界も比較的好調
    2. コロナ前の水準にはほど遠く

年末年始の予約数増加、JR6社で前年比181%に

JR6社は、13日から14日にかけて、年末年始の新幹線指定席の予約状況を発表しました。

6社合計で232万席、前年比で181%となっています。

航空業界も比較的好調

また、日本経済新聞の報道によれば、航空業界の年末年始の予約状況も好調で、前年同月比でJALが4割増、ANAが6割増となる見込みです。

昨年末は新規感染者数が急増し、年末年始の予約数は低調でした。今年は感染状況が落ち着いていることもあり、帰省や国内旅行の需要が高まっています。

コロナ前の水準にはほど遠く

このように前年比では回復傾向にある旅行業界ですが、コロナ禍以前に比べれば依然として厳しい状況におかれています。

20年比で81%増加したJRの年末年始の予約数ですが、コロナ前の19年比では35%減と、いまだ回復しきっていません。また、オミクロン株の登場により今後の感染拡大の懸念もあります。

1月下旬以降、「Go Toトラベル」が再開する予定です。BIGLOBEの2021年12月の調査では「Go Toトラベル」を「利用した」(27.1%)と「やや利用したい」(34.5%)が合計で、61.6%が利用に前向きな意向を示しています。

感染状況を抑え続けることに加え、コロナ禍で落ち込んだ需要を「Go To」で掘り起こせるかが今後のカギとなりそうです。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】