ホットペッパーグルメ外食総研は12月14日、今年度の忘年会・新年会における消費者アンケートの結果を発表しました。

同調査で忘年会、新年会への参加回数を聞いたところ、22.1%の人が「昨年より増加しそう」と回答する結果となっています。

目次

  1. 忘年会・新年会への参加数 22.1%が「昨年より増えそう」の一方、76.8%が「昨年と変わらない」と回答
  2. 予算は昨年度より+34円で微増

忘年会・新年会への参加数 22.1%が「昨年より増えそう」の一方、76.8%が「昨年と変わらない」と回答

まず今年度の忘年会、新年会への参加見込みを聞くと、「昨年と変わらない」と回答した人が76.8%を占めていました。
しかし「昨年より大きく増えそう」「昨年よりやや増えそう」と回答した人は合計で22.1%に上っています。一方、「昨年より大きく減りそう」「昨年よりやや減りそう」と回答した人は合計で1.1%になっており、“増加派”が“減少派”を大きく上回っています。

昨年度に比べると若干忘年会、新年会市場が持ち直す可能性はありますが、変わらないとの回答が多数であるのも事実で、外食業界では依然として厳しい状況が続きそうです。

予算は昨年度より+34円で微増

また忘年会、新年会の予算について、昨年度使った金額と今年使用する予想金額を聞きました。すると想定予算では1回あたりの忘年会、新年会において「5,000~6,000円未満」と回答した人が32.1%を占める結果となりました。
次いで「3,000~4,000円未満」と回答した人が24.2%に上っています。

昨年の忘年会、新年会の想定予算と実際の参加費は、どちらも調査開始以来最低金額を記録していました。今年の調査では昨年度より34円上回っており、飲食業界の若干の回復傾向が見込まれます。ただしいまだに低水準であり、本格的な回復には時間がかかることがうかがえます。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】