PR TIMESでは毎年、プレスリリースに付けられたタグの数をもとにしたキーワードランキングを発表しています。

昨年は「コロナ」が1位でしたが、今年の1位は「DX(デジタルトランスフォーメーション)」となりました。その他、「SDGs」「メタバース」「NFT」などが注目のキーワードとして挙がっています。

目次

  1. 今年のプレスリリースでもっとも使用されたのは「DX」
    1. SDGsなどのキーワードも伸びる

今年のプレスリリースでもっとも使用されたのは「DX」

株式会社PR TIMESは、自社サービスの「PR TIMES」で1月1日から10月31日に配信されたプレスリリースをもとに、キーワードランキングを発表しました。

PR TIMESでは発信企業が10個までのタグをプレスリリースに付けることが可能で、今年は23万990件のプレスリリースに付けられた175万7266個のタグを対象に調査しています。

同調査によると、今年もっとも使用されたタグは「DX(デジタルトランスフォーメーション)」であり、昨年1位だった「コロナ」は3位まで下がったことがわかりました。

企業リリースキーワードランキング、1位は「DX」 2020年の「コロナ」に代わり
(画像=▲プレスリリースキーワードランキング:PRTIMESより、『口コミラボ』より 引用)

前半までは昨年同様に「コロナ」関連のニュースが多かったとのことですが、後半になってからコロナ禍でニーズの高まった「DX」が盛り上がりを見せたとのことです。

SDGsなどのキーワードも伸びる

加えて注目は、5位の「SDGs」です。SDGs自体は2015年に国連により採択されていますが、徐々に一般企業にも浸透してきていることがわかります。

同社の見解によると、SDGsを意識した商品やサービスは、ユーザーの社会貢献につながるため支持を集めやすくなっており、企業も取り組み紹介だけでなく商品やサービスにも考えを盛り込み始めたことが要因となったとのことです。

企業リリースキーワードランキング、1位は「DX」 2020年の「コロナ」に代わり
(画像=▲キーワード「SDGs」の登録数推移:PRTIMESより、『口コミラボ』より 引用)

また、同社は今後注目のキーワードとして「メタバース」と「NFT」を挙げています。メタバースは2020年から増加率57倍、NFTは昨年比41倍超のプレスリリースが発信されたと述べています。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】