厚生労働省は、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種が進む中、ファイザーに続きモデルナのワクチンを承認しました。

目次

  1. 2回目から6ヶ月後から接種可能に
    1. 医療従事者向けには今月から
    2. オミクロン株に対する既存ワクチンの効果を見極め
    3. 接種が受けられる時期 
    4. 特に接種をお勧めする方

2回目から6ヶ月後から接種可能に

厚生労働省は16日、18歳以上を対象とした3回目の予防接種で、「モデルナ」のワクチン使用を承認しました。 3回目は2回目の半分の量で、時期については、2回目から6カ月後に接種が可能です。

医療従事者向けには今月から

来年3月から始まる職域接種のほか、これまでファイザー社のワクチンを使用してきた場合にも2回目までと異なるメーカーのワクチンを使う「交互接種」を進める方針です。
医療従事者向けには今月から3次接種が始まっており、医療従事者向けの接種には、モデルナのワクチンの在庫があれば割り当てることができると都道府県に通知しています。

17日からは一部の医療機関で交互接種が始まる予定です。

オミクロン株に対する既存ワクチンの効果を見極め

松野官房長官は午前の記者会見で、「感染予防に万全を期す観点から、オミクロン株に対する既存ワクチンの効果を一定程度見極めた上で、優先順位に応じて本日追加承認したモデナのワクチンを活用し、8カ月を待たずに3次接種をできる限り前倒ししていく」と述べました。
そのうえで、「日本での感染症は増加傾向にある。日本での感染動向、全国の自治体の準備状況、ワクチンの供給能力などを踏まえて、ワクチンの前倒しの範囲や方法を示したい」と言及しました。

現在は、関係省庁と協議しており専門家の意見も聞きながら、自治体と連携して早急に対応したいとのことです。

接種が受けられる時期 

接種を行う期間は、令和3年12月1日から令和4年9月30日までの予定です。

特に接種をお勧めする方

  • 高齢者、基礎疾患を有する方などの「重症化リスクが高い方」
  • 重症化リスクが高い方の関係者・介助者(介護従事者など)などの「重症化リスクが高い方との接触が多い方」
  • 医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス曝露リスクが高い方」

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる