株式会社ONE COMPATHが運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、「年末年始の過ごし方」に関する意識調査を実施しました。対象者は、「Shufoo!」を利用する全国の男女4,896名です。

本記事では、新型コロナウイルスの感染状況に応じて変化する人々の年末年始への意識に着目し、調査結果の一部をご紹介します。

感染状況は落ち着いてきたものの、変異株オミクロン株が話題となった11月29日~12月3日に実施されたこともあり、生活者の意識に変異株の不安が見え隠れする結果となりました。

目次
年末年始の印象「ポジティブ」は昨年より微減。変異株の影響か
年末年始の出費は年々減少。「1万円未満」が初めてトップに

年末年始の印象「ポジティブ」は昨年より微減。変異株の影響か

まず、年末年始の印象については、69.1%がポジティブ・ややポジティブなイメージと回答しました。「新しい年の幕開けで、楽しい未来を想像するから」、「楽しみなイベントが多くあるから」、「家族でゆっくり過ごせるから」などの理由が挙がっています。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大後初の年末年始となった昨年と比較すると、ポジティブが微減しています(昨年:69.9%)。「大掃除等やる事が多いから」、「義実家への帰省」と年末年始特有の悩みのほかに、「コロナも終息と思いきや、オミクロン株が発生して世の中が暗くなりそう」と変異株の出現を心配する意見もありました。

感染状況はピーク時と比較して落ち着いているものの、新たに登場した変異株に対して不安を感じる人も多く、それが年末年始へのイメージにも反映されています。

年末年始に帰省する人 昨年より増加、ワクチン接種普及で
(画像=▲年末年始の印象について:株式会社ONE COMPATH『Shufoo!』 調べ、『口コミラボ』より引用)

年末年始の出費は年々減少。「1万円未満」が初めてトップに

Shufoo!では2018年から年末年始を通した出費額を調査しており、年々低予算化の傾向にあることがわかっています。

予算帯について、昨年まで最も多い回答は「1~3万円未満」でしたが、今回の調査では初めて「1万円未満」が34.6%でトップとなりました。

新型コロナウイルスの影響で、人々のお金の使い道が多様になったことも原因の一つと考えられるでしょう。

年末年始に帰省する人 昨年より増加、ワクチン接種普及で
(画像=▲年末年始を通した出費額について:株式会社ONE COMPATH『Shufoo!』 調べ、『口コミラボ』より引用)