JR東日本は、東京駅と横浜駅にロボット型無人コーヒーマシン「Ella」を設置しました。12月8日から運用を開始しています。

「Ella」はシンガポールのCrown Technology Holdings社が開発したものです。

コロナ禍でのエキナカ需要の変化を調査、また省人化のオペレーションについてテストするのが目的です。

目次

  1. ロボット型コーヒーマシンが東京駅と横浜駅に設置
    1. 強気の値段設定の背景は「体験」の提供

ロボット型コーヒーマシンが東京駅と横浜駅に設置

JR東日本は、シンガポールのCrown Technology Holdings社と提携し、Crown社が開発したロボット型コーヒーマシンを東京駅と横浜駅に設置しました。

ロボット型コーヒーマシン「Ella」は、バリスタが行う作業を全て無人で行うため、狭いエキナカにも設置が可能です。注文は専用のアプリか備え付けのタッチパネルで行います。

また1時間で200杯のコーヒーをいれることができ、これは一般的なバリスタの4~5倍のスピードにもなります。この「速さ」も、ちょっとした時間でコーヒーが飲みたいというエキナカの需要に適合します。

東京駅では午前7時~午後10時まで、横浜駅では午前7時~午後9時まで稼働します。

強気の値段設定の背景は「体験」の提供

「Ella」の値段は、最安値のアメリカーノで「260円」(アプリ決済価格、電子マネー決済だと300円)です。これはコンビニで100円ほどでコーヒーが買えることを踏まえると強気な値段設定となっています。

この「割高」ともいえる値段設定の理由は、味の違いに加えて、ロボットがコーヒーをいれるという「エンターテインメント」性にあります。

完全無人型コーヒーマシンが東京駅・横浜駅に 省スペース・提供の速さでエキナカ需要に応える
(画像=▲「Ella」:JR東日本プレスリリース、『口コミラボ』より 引用)

上の写真のように、「Ella」はアームが目の前でコーヒーをいれる様子が見れるようになっています。ただコーヒーを買うだけではなく、「体験」も提供することで支持を得る狙いがあります。このように味と体験で、コンビニの安価なコーヒーに対抗したい考えです。

また「Ella」は無人で稼働できるため、従来従業員の確保が難しく、対応できていなかった早朝と深夜のコーヒー需要に応える狙いもあります。

JR東日本はこのテストマーケティングを踏まえて、他の駅への導入を検討するとしています。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】