オーストラリアが12月15日に入国制限を緩和しました。同日より、日本と韓国からの入国が許可されています。

新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年3月以降継続的に外国人の新規入国を原則禁止としてきたオーストラリアですが、ワクチン接種の進展を受けて各種制限の緩和を進めています。

目次

  1. 日本と韓国から豪への入国可能に 1年9カ月ぶりの再開

日本と韓国から豪への入国可能に 1年9カ月ぶりの再開

オーストラリアは、これまでニュージーランド、シンガポールの国との間でトラベルバブルを締結し、新規入国を許可しています。

12月15日からは、新たに日本と韓国に対する入国制限を緩和し、ワクチン接種の完了を条件として約1年9か月ぶりとなる入国受け入れを再開しました。本措置は12月1日より開始予定でしたが、オミクロン株の拡大を受けて開始日が延期されていました。

本措置によって入国が許可される条件は以下の通りです。

  • 該当国の国籍保持者である者
  • 該当国から出国しオーストラリアに入国する者
  • ワクチン接種が完了しており、それを証明できる者
  • 出国前3日以内に行われたPCR検査による陰性証明を提示できる者
  • 特定の管轄区域(ニューサウスウェールズ州、ヴィクトリア州、オーストラリア首都特別地域)へ入国する者

なおオーストラリア到着後には、各地域の規則に従ってPCR検査や隔離を行うことが求められます。今回対象となっている地域は、ワクチン接種を完了した海外からの渡航者には72時間の隔離や、到着後24時間以内を含む複数回のPCR検査を義務づけています。

<参照>
在オーストラリア日本国大使館:豪州連邦政府発表:ワクチン接種を完了した日本から豪州に渡航する日本国籍者に対する免除申請なしでの豪州への入国措置(COVID-19関連)
Australian Government Department of Home Affairs:COVID-19 and the border Japan
Australian Government Department of Home Affairs:COVID-19 and the border South Korea

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる