コンソーシアムの概要

コンソーシアムには、運輸業、小売業など20社以上(2021年12月1日現在)が参加します。 全体会は、2021年12月から2022年5月にかけて、5回程度開催される予定です。顔認証機能の理解、関連する法令・情報セキュリティーの知識習得、想定される利用事例・ビジネスの検討などが、内容として予定されています。

また、参加企業における個別実証実験の検討開始は2022年6月以降となる見込みです。

今月から実証実験も

さらに2021年12月から2022年3月にかけては、コンソーシアムでの協議に加え、りそなグループの施設での実証実験を実施します。これは同グループの従業員の一部を対象に、実験的に顔認証を導入するものです。

具体的には、社員証(IDカード)に代わり顔認証での入室、現金やプリペイドカードに代わり顔認証によるデビットカード決済を導入します。顔認証の機能を生かした各種サービス等の実用化を視野に入れ、利用者の受容性や運用面の課題等を検証することが目的です。

実証実験の結果は、コンソーシアムの協議内容とともに、顔認証マルチチャネルプラットフォームの構築に活用されます。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

JCB・大日本印刷・パナソニック・りそなの4社、顔認証技術の実用化に向けコンソーシアム設立
(画像=『口コミラボ』より 引用)

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】