ヤフーは、自社が提供する乗換案内から割り出した、目的地の検索回数ランキングを発表しました。

2020年から変わらず検索される目的地がある一方で、2021年になって大幅に検索回数を増やした施設等も見られました。

目次

  1. Yahoo!乗換案内の目的地ランキング2021、1位は2年連続で「東京ディズニーシー」
    1. レジャー施設の検索数減少、大学の検索数は横ばい

Yahoo!乗換案内の目的地ランキング2021、1位は2年連続で「東京ディズニーシー」

ヤフー株式会社は2021年12月8日、Yahoo!乗換案内「目的地ランキング2021」を発表しました。調査対象期間は2021年1月1日から1月30日、「Yahoo!乗換案内」で施設名(駅名は含まない)を目的地に設定し、ルート検索を開始するごとに1カウントとして集計した結果をランキング化しています。

同ランキングの1位は「東京ディズニーシー」で、2年連続の1位となりました。同施設に隣接する「東京ディズニーランド」も9位にランクインしています。

また、2020年に開業した「東京ガーデンシアター」や、ランキングで10位から3位へと上昇した「横浜アリーナ」などのように、イベント会場やホールなどの検索結果が大幅に増加したようです。コロナ禍で大きく影響を受けたイベントの需要が、少しずつ戻ってきていると言えるのかもしれません。

ヤフーによると、10月までは「東京ガーデンシアター」が1位でしたが、11月に開園時間短縮・入場制限等を廃止して以降、東京ディズニーシーの検索回数が増加したとのことです。

レジャー施設の検索数減少、大学の検索数は横ばい

また、同ランキングの特徴として、レジャー施設の検索回数減少が挙げられています。上位には「東京スカイツリー」や「横浜中華街」などがランクインしています。

また、受験や通学などの理由で、昨年に続き大学は多く検索され横ばいとなりました。上位に関西学院大学や埼玉大学、京都産業大学などがあがっています。

文・口コミラボ編集部/提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】