関西国際空港に「PCR検査クリニック」がオープンしました。新型コロナウイルス感染症のPCR検査、抗原検査、抗体検査の全3種類を1施設で実施可能です。

関西エアポート株式会社は、本施設のオープンによって、安全な空の旅の提供と共に旅客需要の回復にも期待を寄せています。

目次

  1. 関空の検査体制が拡充 抗原、抗体検査も可能に

関空の検査体制が拡充 抗原、抗体検査も可能に

2021年12月13日、関西国際空港に、新型コロナウイルス感染症関連の検査に特化したクリニック「医療法人友広会関西国際空港PCR検査クリニック」が新たにオープンしました。関西国際空港では2件目となるPCR検査を提供する施設です。

これまでもPCR検査を実施してきた「近畿大学医学部関西国際空港クリニック」との相違点は、PCR検査のほか抗原定量検査や血清IgM抗体検査にも対応していることです。

全3種の検査は平日、休日問わず全日実施でき、抗原定量検査と血清IgM抗体検査は受付~結果通知まで最短1.5時間、PCR検査は最短3時間で行えます。WEBもしくは電話から行える予約を優先する形で受け付けています。

本クリニックは第1ターミナルビル4Fに位置しており、海外渡航用の陰性証明書も発行しているということです。

関西エアポート株式会社は、これまでの検査施設に加えてさらなる検査体制が強化されることで、「関西国際空港からの安全安心な空の旅の提供・旅客需要の回復に寄与する」と期待を寄せています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる